ガレリア表参道
galleria blog
ガレリア表参道
催事のご案内貸ギャラリー常設展示作品ギャラリー概要リンク
催事のご案内 - 開催中の催事と今後のスケジュール
過去の催事はこちら
 

大野由紀子+片桐光治
クラシック・ジュエリー展

会期/2021年9月4日(土)〜9月14日(火)
11:00a.m.〜6:00p.m.
(日曜・最終日は5時終了)
※定休日9月8日(水)

●指輪・ネックレス・ブローチ・ペンダントトップ 他

大野由紀子(横須賀市)、片桐光治(リムル・東京都)

ミラノの工房でイタリアの宝飾技術を学んだ大野由紀子さんは、精緻な技術がうかがえる美しいクラシック・ジュエリーを制作しています。
片桐光治さん(リムル)は、さまざまな歴史を刻むアンティークビーズと繊細な金細工を組み合わせた古代のジュエリーを制作しています。
お二人の仕事をご覧いただきたいと思います。どうぞお出かけください。

作家在廊日 9月4日(土)片桐光治

《ギャラリー・トーク》
9/4(土)14:30〜15:30
片桐光治(リムル)さんによるアンティーク・ビーズの楽しみ方についてのお話があります。
DM
 


第10回 N-ART展 2021

会期/2021年8月5日(木)〜8月17日(火)
11:00a.m.〜6:00p.m.
日曜・祝日および最終日は5時終了
※定休日 8月 11日(水)
 コロナ禍での二度目の夏が来ています。昨年はコロナ禍の中で開催を中止しました。春からの緊急事態宣言など心の晴れない日々が続きますが、厳しい環境で、制作を続けている作家たちの作品に出会っていただきたいと思います。今回は岡谷在住の
日本画の矢島史織さんが初参加です。ぜひ10回目の「N-ART展2021」をご期待ください。
石川利江

ギャラリートーク
8月8日(日) 14:00〜16:00
参加作家が揃います。
ゲスト:植草 学
    (信濃毎日新聞社 編集委員/美術担当)
■出品作家
小山利枝子(絵画/アクリル・水彩)
ナカムラジン(絵画・版画・陶器)
中村眞美子(銅版画)
矢島史織(日本画)
DM
KOYAMA Rieko
小山利枝子◎1955長野県長野市生まれ,1979 東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻卒業,1994「VOCA展」上野の森美術館2001「光とその表現展」練馬区立美術館,2002「彼女たちが創る理 由」長野県立信濃美術館,2004「種子の秘密」文化庁買い上げ優秀美術作品,2006 文化庁海外研修制度によりオランダ滞在,2008「ドマーニ明日展」国立新美術館「, 絵画のコスモロジー」多摩美術大学美術館,2009「花と生命のイメージ展」横須賀美術館,2016「小山利枝子展 光の花」おぶせミュージアム中島千波 館,2021 シンビズム4 上田市立美術館(長野)

NAKAMURA Mamiko
中村眞美子◎1972 長野県生まれ,1993 長野美術専門学校造形学科デザインコース卒業,山下孝子氏・平山英三氏に師事〈主な展覧会〉2012 「信州新世代のアーティスト展2011 NEXT」ホクト文化ホール(長野),2015「 そこにあるもの−モノクロームの魅力−」 小海町高原美術館(長野),2016 個展「草の風景・冬」秀友画廊(東京),2018 「シンビズム2 」須坂版画美術館(長野)2019 個展「かれくさのうた」酢重ギャラリー(長野).2020「 Lightand Shade」ギャラリーキャプション(岐阜),個展「変わってゆくもの・変わらないもの」ながの東急美術サロン(長野),個展「移ろうもの」酢重ギャラ リー(長野),2021 個展「移ろうものU」酢重ギャラリー(長野)〈挿画〉信濃毎日新聞コラム 裄V寿男「心をつなぐタクトの調べ」挿画( 2014年4月より1年間)
YAJIMA Shiori
矢島史織◎1979 長野県茅野市生まれ。2005多摩美術大学大学院美術研究科日本画領域修了。2005より東京などで個展多数。2013「MIND SCOPE」LIXILギャラリー(東京)、2014「信濃美術を見つめる #4」茅野市美術館(茅野),2018「 シンビズム」木曽御料館(木曽町)他。ゆらめく光と影、木漏れ日などのシリーズの後、2015より自身の子どもの変化するエネルギーをテーマに 「Monster」シリーズを展開している。
NAKAMURA Jin
ナカムラジン◎1959 長野県生まれ,1984 信州大学教育学部卒8th 日本グラフィック展全日空賞受賞,2006 TRIO DI ARTSTIDELLA MOSTRA D'ARTE CONTEMPORANEA(イタリア・ルッカ)2012アートフェア東京(有楽町アートフォーラム)現代作家茶碗特集(日本橋三越本店)2013 RIMPA MODERN (伊勢丹新宿店),2014「 偶像崇拝」 Shonandai MY Gallery(東京),2015「圖像宇宙」Space 563(台北), ART Monaco(モナコ), YIA Art Fair(パリ)2017 「偶像寓意花鳥図譜」(日本橋三越本店),2018 「楽しい器展」高島屋日本橋店(東京),「偶像寓意花鳥圖譜圖」銀座三越(東京)2020「縄文アイドル・立体編」浅間縄文ミュージアム(長野),「偶像 寓意花鳥浪漫美術展」志賀高原ロマン美術館(
長野),「偶像寓意花鳥圖譜圖」銀座三越(東京)「偶像寓意花鳥圖譜圖・ナカムラジン作品集」刊行
 
 

アジアの風〜 布と衣展

会期/2021年7月11日(日)〜7月25日(日)
DM
11:00a.m.〜6:00p.m.
(日曜・最終日は5時終了)
※定休日 7月 14日(水)・21日(水)


Sind 原口良子(東京都)・・・ブラウス・ワンピース・パンツ・ジャケット・スカート 他
ギャラリー凛(会津若松)・・・アジアの布を使った帯・麻の小物・きもの・籠 他

Sind原口良子の柿渋染、板締、段染などで染めたインドの手織布や、オーガンジーに手描の柄や水玉の服は、風をまとうシンプルさがあります。シルク、 麻、綿素材の夏のワンピース、ジャケット、ロングシャツが新鮮です。木版や手描きの更紗や刺繍の帯、インドの布で作った帯、ストールや山葡萄の籠など、ア ジアの布と染織りの楽しさをご覧いただきます。


 
 

第30回
きもの通のキモノ・リサイクル展
〜いつかは着物で暮らしたい〜

会期/2021年6月18日(金)〜7月3日(土)
DM
11:00a.m.〜6:00p.m.
(日曜・最終日は5時終了)
※定休日 6月 23日(水)、30日(水)

着物 訪問着、付け下げ、小紋、紬、単衣、夏物、男物
帯 袋帯、名古屋帯、八寸帯
羽織・コート
和装小物
 帯揚げ、帯締、半衿、バッグ、草履 他

新型コロナの拡がりが止まらず落ち着かない日々が続きます。着物を着る機会が少なくなりつつあるのは残念です。コロナ禍の中での新しい生活様式にもキモノの楽しみを見つけていただければと思います。
着物のコーディネートなどの相談も承りますので、どうぞお気軽にお申し出ください。

 
 
Afa + life afa
真砂三千代 初夏の衣展

会期/2021年5月15日(土)〜5月25日(火)
DM
11:00a.m.〜6:00p.m.
(日曜・祝日・最終日は5時終了)
※定休日 5月 19日(水曜定休)


●ブラウス・チュニック・カーディガン・パンツ・スカート・ジャケット・コート・ワンピース 他
●lifeafaのオーガニック・コットンの日常着

時代の大きな変化に自分を重ね合わせ、思い巡らせた日々。新たな初夏は風に運ばれ、リセットされた意識にすっと入ってきます。麻や絹の自然素材で作るアファの衣は、そんな気持ちに寄り添うように、優しい着心地で包んでくれます。軽やかに初夏をお楽しみ下さい。
真砂三千代

■茶衣 着物をまとうように、東洋の茶の持つ美意識に沿う衣をご提案します。

真砂三千代(衣作家/神奈川県三浦郡葉山町)

■作家在廊日:5月15日(土)・16日(日)
在廊日にはご注文もお受けいたしますので、どうぞお気軽にご相談ください。

《茶衣と煎茶の会》
5月15日(土)2時半〜4時
真砂三千代がここ数年、中国や台湾で発表した茶衣についてのお話を伺います。
 
 

京都西陣発
ゑくらどうるのキモノ展 山口三惠子

会期/2021年4月30日(金)〜5月10日(月)
DM
11:00a.m.〜6:00p.m.
(日曜・最終日は5時終了)
※定休日 5月 5日(水)


●きもの/色無地・小紋・訪問着・紬・お召し
●帯/袋帯・京袋帯・名古屋帯 他
●帯締め・帯揚げ・バッグ・草履 他
(モデル着用のキモノ、帯など特価でのご用意もあります)

山口三惠子さんは、西陣の伝統を踏まえながら、現代の女性のライフスタイルにあったシンプルで上質な着物や帯の提案を続けています。流通を通さないリーズナブルな価格も魅力です。
着物と帯、小物の組み合わせのご提案など、初心者から着尽くした大人の方まで、楽しんでいただけることと思います。
石川利江


「きもので茶話会」ご案内
5月1日(土)午後2時〜3時半
ゲスト:山口三惠子
(ゑくらどうる代表・着物ディレクター)

こんな時期ですが、豆暦の季節のお菓子をいただきながら、着物のご相談や、ご提案のお話などでお楽しみください。

山口三惠子在廊日
 4月30日(金)・5月1日(土)
 着物・帯のコーディネイトのご相談も承ります。

 
 
バロックパールと革の仕事展
松本久子 + 鳥居佐衣

会期/2021年4月2日(金)〜4月13日(火)
DM
11:00a.m.〜6:00p.m.
(日曜・最終日は5時終了)
※定休日 4月7日(水)


●指輪、ネックレス、チャーム、ピアス、イヤリング、ブローチ
●革のジャケット、スカーレット、バッグ、コート

コロナ禍の暮らしは、新しい日常などと呼ぶには不自由な日々です。おしゃれなども外出が減って、ドレスアップの機会も少ないかもしれません。日々の暮らし にスパイス効果や、気持ちが上がる小物などを加えてみることをご提案したいと思います。松本久子さんのバロックパールのおしゃれでデイリーなアクセサ リー、鳥居佐衣さんの遊びのあるデザインの皮のコートやバッグ、初めての2人の組み合わせによる企画です。春の訪れとともに、大人のおしゃれを楽しみに、 どうぞお出かけください。

松本久子(神戸市在住)
バロックパールのジュエリーデザインの第一人者として、神戸を拠点に各都市で活躍中。

鳥居佐衣(静岡県伊東市在住)
東京から伊豆高原に制作拠点を移し、革の専門家として革の洋服やバッグなどを制作。

■特別出品
Fu−chi(東京都) スカーフ・ストール
 
 

素材にこだわる贅沢
ヴァグリエ 子安一子バッグ展

会期/2021年3月14日(日)〜3月23日(火)
11:00a.m.〜6:00p.m.
(日曜・最終日は5時終了)
※定休日3月17日(水)

●バッグ、財布、ポーチ 他
機能性とデザインの楽しさの両立にこだわり続けるデザイナー・子安一子さんが、色と素材を選んだバッグや定番の小物には、遊びがありながら品格を感じさせ ます。イタリア革加工職人のイマジネーションを盛り込んだ革素材のシリーズや、こだわりを感じさせる異素材コンビネーションのコレクションなど、さらに上 質感を増した春・夏の新作をご覧いただきます。
DM
 
 

真木テキスタイルスタジオ
ぬくもりの布と衣展

会期/2021年2月5日(金)〜2月16日(火)
DM
11:00a.m.〜6:00p.m.
(日曜・最終日は5時終了)
※定休日 2月 10日(水)

●ヒマラヤウールの布、パシミナのストール
●パンツ、スカート、チュニック、シルクストール、ケープベスト、腰巻、かけ布、ベッドカバー、クッションカバー etc...

ヒマラヤの山麓にあるganga工房は、自然のめぐみをいっぱい受けて今日もものづくりに励んでいます。
ganga工房で紡がれた糸や手織りの布が、冬の寒さに温もりを運んでくれます。シルクとウールの軽やかで温かいパンツやスカート、ワンピース。手紡ぎし たヒマラヤウールのコートやジャケットにパシミナのほっこり極上の触り心地のショールなど、素材を感じる冬衣が揃います。善光寺灯明まつりのごついでにお 出かけください。


 
 

アート初場所展 2021

会期/2021年1月15日(金)〜1月26日(火)
11:00a.m.〜6:00p.m.
(日曜・祝日および最終日は5時終了)
※定休日 1月 20日(水)

新しい年を皆さまも特別な感慨をもってお迎えのことと思います。先の見えない日々が続きますが、何か発見や小さな喜びを見つけられるような場を創っていきたいと思っております。
お正月はやはり目出度い気分になっていただきたいので、楽しくエネルギーあふれる作品を見ていただきます。
ガレリア表参道 石川利江

〈参加作家〉
生井 巌(日本画)
ナカムラジン(絵画・・陶器)
角居康宏(錫)
おおらいえみこ(絵画・版画)
オオライタロー(絵画・版画)

【ゆる茶会 初釜】
1月17日(日)午後2時から
どなたでもお気軽にご参加ください。
【新春落語会(お抹茶付き)
1月17日(日)午後4時から
出演/ 快楽亭狂志( 定員20名)
DM
 
▲このページのトップへ

Copyright (C) Galleria Omotesando. All Rights Reserved.