ガレリア表参道
galleria blog
ガレリア表参道
催事のご案内貸ギャラリー常設展示作品ギャラリー概要リンク
過去の催事
開催中の催事と今後のスケジュール
2018年
 

石と布の旅展 〜シルクロードの遠い響き〜
特別展示:カンボジアの絵絣「ピタン」

会期/2018年9月1日(土)〜9月11日(火)
DM



カンボジアの絵絣「ピダン」
10:00a.m.〜6:00p.m.
(日曜・最終日は5時終了)
※定休日9月 5日(水)


指輪、ネックレス、チャーム、ピアス、イヤリング、ブローチ

琥珀、天然石、ガラス、陶片、メタル、布などを素材に個性の異なる彫金作家によるアクセサリーや、Sind原口良子が提案する、インドの工房で染めた柿渋 染、板染、段染などのジャケット、ワンピース、チュニックなど新鮮な秋の装をご覧いただけます。昨年に引き続き、カンボジアの内戦で一度途絶えかけた伝統 絵絣「ピダン」をご紹介します。ピダンとコラボしたアクセサリーも出品されます。

【出品作家】
Sind 原口良子(衣/東京都)
黒石ゆう子(彫金/長和町)
田部恂子(彫金/東京都)

【特別出品】
NPO法人「幼い難民を考える会」(東京都)
「ピダン」とは、仏教説話や植物の柄が織り込まれたカンボジアの絵絣で、多くが寺院に奉納されてきたものです。カンボジアの内戦で一度途絶えかけた伝統絵絣の技術の復興を、彫金作家・田部恂子さんが応援している「幼い難民を考える会」が支援しています。
 


第8回 N-ART展 2018

会期/2018年8月3日(金)〜8月14日(火)
10:00a.m.〜6:00p.m.
日曜・祝日および最終日は5時終了
※定休日8/8(水)
8回目のN-ART展です。美術界は若い作家の活躍も目立ちますが、県内美術館では、春から夏にかけて草間彌生展、篠田桃紅展、岸田夏子展など女性作家の長年の仕事の成果を見ることが出来ました。
 今年のN-ART展は新しい作家を二人お迎えしています。どうぞお気軽にお出かけいただきたいと思います。
石川利江

ギャラリートーク
8月4日(土) 14:00〜15:30
ゲスト:本江邦夫(美術史家・多摩美術大学教授)

オープニングパーティー
8月4日(土) 16:00〜
お気軽にご参加ください。

※当日はびんずる祭りで、周辺道路は午後から、交通規制が掛かります。
■出品作家
小山利枝子(絵画・長野市)
ナカムラジン(絵画・御代田町)
鈴村 優(版画・長野市)
池田 潤(版画・中野市)
疋田義明(絵画・長野市)
DM
 
 

建築家 宮本忠長展 建築家の指先には脳がある

会期/2018年7月20日(金)〜7月28日(土)
DM
10:00a.m.〜6:00p.m.
(日曜・最終日は5時終了)
※定休日 7月 25日(水)

宮本忠長(みやもと ただなが)
1927年 長野県須坂市生まれ。建築家 佐藤武夫に師事し、早稲田大学を卒業。
1964年 故郷の地、長野で宮本忠長建築設計事務所を設立。同年 長野市庁舎の設計を手掛ける。その後も小布施町並修景計画や長野市立博物館、松本市美術館など、数々の代表作を生み出す。
2016年2月 惜しまれつつもこの世を去る。享年89(満88歳)

『宮本忠長建築設計事務所スタッフ座談会』
7月28日(土)18:00〜19:00
1964年、長野に凱旋し独立してから2016年に亡くなるまでの52年の軌跡を、パースやスケッチ、そして日々の出来事や季節の花々、旅先での風景を描いた朱印帳から振り返ります。
略歴


主な作品

昭和 2年 須坂市出身
1965年
長野市庁舎
昭和26年 早稲田大学卒業
1976年
北斎館(2007年、2015年)
昭和39年 宮本忠長建築設計事務所 設立
1991年
小布施町並修景計画(2015年)
平成 5年 黄綬褒章 受章
1981年
長野市立博物館
平成14年 日本建築士会連合会会長(〜平成20年)
1995年
森鴎外記念館
平成16年 日本芸術院賞 受賞
1998年
松本清張記念館
平成16年 旭日中綬章 受賞
2002年
松本市美術館
平成26年 逝去(享年89)


 
 

アジアの布とかたち展
真木テキスタイルスタジオ/上野恭子/ギャラリー凛

会期/2018年7月6日(金)〜7月16日(月・祝)
DM
10:00a.m.〜6:00p.m.
(日曜・最終日は5時終了)
※定休日 7月 11日(水)

ストール・ブラウス・チュニック・帯・バッグ・小物
インド、タイ、インドネシアなどアジアの工房から生まれた布の魅力と、自由なかたちをお楽しみください。

 【 出品作家 】
真木テキスタイルスタジオ(インド)
インドのヒマラヤの山々の麓にあるganga工房では、真木千秋のもと現地のスタッフがものづくりに励んでいます。自然染料の深い色に染められた麻やシルクの軽やかな素材をご覧にいただきます。

上野恭子
木版や手描き更紗の蒐集家でもある上野さんによる、様々な更紗の古布をパッチワークにして制作した表情豊かな帯や小物などをご覧いただけます。

ギャラリー凛
インド、タイ、インドネシアの伝統的な手仕事の素材を「和」に取り入れて、お洒落な帯や小物など提案している。古渡更紗を再現した帯もご覧いただけます。

 
 

第25回
きもの通のキモノ・リサイクル展
〜いつかは着物で暮らしたい〜

会期/2018年6月16日(土)〜6月30日(土)
DM
10:00a.m.〜6:00p.m.
(日曜・最終日は5時終了)
※定休日 6月 20日(水)、30日(土)

着物 訪問着、付け下げ、小紋、紬、単衣、夏物、男物
帯 袋帯、名古屋帯、八寸帯
羽織・コート
和装小物
 帯揚げ、帯締、半衿、バッグ、草履 他

た くさんの方のご協力で、毎回不思議なくらいすばらしいキモノや帯が集まります。箪笥に眠っていたものが、新しい着手を得て蘇るのは見ていても楽しいことで す。
今回もたくさんのキモノや帯をご覧いただけます。お気軽にぜひ一度お出かけください。キモノの仕立て直しなどのご相談もお受けできる範囲で承りますの で、どうぞお申し出ください。
 
 

afa + life afa
真砂三千代 夏の衣展

会期/2018年5月26日(土)〜6月8日(金)
10:00a.m.〜6:00p.m.
(日曜・祝日および最終日は5時終了)
※定休日 5月30日(水)・6月6日(水)

●ブラウス・チュニック・カーディガン・パンツ・スカート・ジャケット・コート・ワンピース 他
●lifeafaのオーガニック・コットンの日常着

木々の若葉の到来に合わせ、アファの夏衣がそろいました。大きな麻の格子柄ワンピース。ピンタックのような凹凸を付した布でつくるブラウスやジャケット。オーガニック素材のライフアファをコーディネートして、軽やかな装いをお楽しみ下さい。
真砂三千代

真砂三千代(衣作家/神奈川県三浦郡葉山町)

作家在廊日:6月3日(日)
作家在廊日にはご注文もお受けいたしますので、どうぞお気軽にご相談ください。
DM
 
 

京都西陣発
ゑくらどうるのキモノ展 山口三惠子

会期/2018年5月11日(金)〜5月21日(月)
DM
10:00a.m.〜6:00p.m.
(日曜・最終日は5時終了)
※定休日 5月 16日(水)

●きもの/色無地・小紋・訪問着・紬・お召し
●帯/袋帯・京袋帯・名古屋帯 他
●帯締め・帯揚げ・バッグ・草履 他

京の町家で暮らす山口三惠子さんは、西陣の伝統をふまえながら、現代の女性の暮らしにあったシンプルで上質な着物や帯の提案を続けています。おしゃれで品 格のある「ゑくらどうる」の着物、帯は、流通を通さないリーズナブルな価格も魅力です。結婚式、入学式、お茶会から普段まで、着物初心者から着尽くした大 人の方まで、自信をもってお勧めいたします。
石川利江

■在廊日 5月11日(金)・12日(土)
着物・帯のコーディネイトのご相談もいたします。

 
 

旅するような暮らし展
〜陶器・ガラス・木・布・ステンドグラス〜

会期/2018年4月19日(木)〜4月28日(土)
DM
10:00a.m.〜6:00p.m.
(日曜・最終日は5時終了)
※定休日 4月 25日(水)


日々の暮らしは旅とは違う日常の時間ですが、テーブルに何か一つの器を加えたり、部屋に新しい灯りをともしたり・・新しい旅が始まるようなワクワク、ドキドキを私たちの暮らしの中で楽しみませんか?


「旅するような茶会」
4月21日(土) 14:00〜16:00
簡単な茶箱で楽しむお茶会です。



1、10
大須賀昭彦・和子 (ステンドグラス/ 松川村 )
8、9
芦田貞晴 (木工/上田市)
2
ガラス工房 橙 (ガラス/東御市)
7
SIND 原口良子 (テキスタイル・服/東京都)
3、4
福西雅之 (磁器 染付・岡山県津山市)
5、6
森章子 (陶器・上田市)
 
 

バロックパール展2018 by 松本久子

会期/2018年3月24日(土)〜4月6日(金)
10:00a.m.〜6:00p.m.
(日曜・最終日は5時終了)
※定休日3月28日(水)・4月4日(水)


●指輪、ネックレス、チャーム、ピアス、イヤリング、ブローチ

バロックパールの面白さ、多面的な美しさを活かす松本久子のデザインは、エレガントにも、またカジュアルにも、楽しんでいただけます。タヒチパールの上質 なグラデーションネックレスや、洗練された遊びごころを感じる鉱石とパールなど他にない組合せのリングやネックレスもご覧いただきます。ぜひお出かけくだ さい。
石川利江

松本久子(神戸市在住)
バロックパールのジュエリーデザインの第一人者として、神戸を拠点に東京、大阪、名古屋などのギャラリーを中心に個展を開催、人気を集めている。

作家在廊日:3月24日(土)
DM
 
 

はるいろ ヴァグリエ
子安一子バッグ展

会期/2018年3月3日(土)〜3月18日(日)
10:00a.m.〜6:00p.m.
(日曜・最終日は5時終了)
※定休日3月 7日(水)・14日(水)


●バッグ、財布、ポーチ 他

機能性とデザインの面白さの両立にこだわり続けるデザイナー・子安一子さんが、鋭い感覚で色と素材を選んだバッグや定番の小物には、遊びがありながら品格 を感じさせます。こだわりを感じさせる異素材コンビネーションのコレクションなど、さらに上質感を増した春・夏の新作をご覧いただきます。
DM
 
 

ganga+maki
あたたかな布・衣展
真木テキスタイルスタジオ -maki textaile studio-

会期/2018年2月2日(金)〜2月13日(火)
10:00a.m.〜6:00p.m.
(日曜・最終日は5時終了)
※定休日2月 7日(水)


●ヒマラヤウールの布、パシミナのストール
●チュニック、プルオーバー、シルクストール、ケープベスト、腰巻、かけ布、マフラー、ベッドカバー、クッションカバー etc・・・

インドのganga工房の背後には、ヒマラヤの山々が控えています。清冽な水、爽風、草木や動物・・・自然のめぐみをいっぱい受けて、今日もものづくりに励んでいます。
ヒマラヤウールやパシミナの早春にも使えるアイテムや、まだ寒い冬に活躍するウールの腰巻やベスト、衣などご紹介いたします。インテリアに使っていただけるアイテムもいろいろ揃っております。

MAKI TEXTILE STUDIO
【スタッフ在廊日】 2月2日(金)
DM
 
 

初春 和迎え展 2018

会期/2018年1月8日(月・祝)〜1月23日(火)
DM
池上秀畝 「鳳凰」
六曲一双屏風
10:00a.m.〜6:00p.m.
(日曜・最終日は5時終了)
※定休日
 1月 10日(水)・11日(木)、17日(木)・18日(木)
※この会期中、水・木曜日を連休とさせていただきます。

あけましておめでとうございます。
平成最後の年を迎えます。世界の様々な対立に解決の方向も見えませんが、美しいもの、守りたいもの、伝えたいものを、改めて大事にしていきたいと感じております。

ゑくらどうる
 京都/帯揚げ・帯締め・バッグ
前原しぼり工房
 埼玉/きもの・帯、王紗しぼり他

 会津若松/帯・ストール・バッグ・小物

◎池上秀畝の屏風なども展示いたします。

ゆる茶会 初釜
1月8日(月・祝)
14:00〜16:00
 
 
 
Copyright (C) Galleria Omotesando. All Rights Reserved.