ガレリア表参道
galleria blog
ガレリア表参道
催事のご案内貸ギャラリー常設展示作品ギャラリー概要リンク
過去の催事
開催中の催事と今後のスケジュール
2010年

 

沖 縄からの風を運ぶ
和田伸政 陶展

会 期/2010年12月10日(金)〜12月23日(祝・木)

10:00a.m.−6:00p.m. (日曜および最終日は5時終了)

水曜定休 12/15(水)・22(水)


●和田伸政
1954年三重県生まれ。多摩美術大学建築学科卒業後、渡米。建築家パウロ・ソレリのもとで未来都市建築の助手を務める中で出会ったネイティブアメリカン に触発され陶芸を始める。帰国後、陶芸家、清水日呂志氏に師事。朝日陶芸展入選後、国内外で活躍。2006年に沖縄の土が醸し出す美しい緋色に魅せられ、 沖縄に制作の場を移し、自ら五連房の登り窯を築き作品を制作している。
 
 

東京友禅
生駒 暉夫 染色展
会期/2010年11月18日(木)〜11月23日(火・祝日)

10:00a.m.−6:00p.m. (最終日は5時終了)

●訪問着・小紋・染帯 他

生駒 暉夫
1954年長野県佐久市生まれ。江戸友禅の伝統を継承しながらも、モダンな味わいの洗練された染色作品は、着物好きの方々から高い評価を受けています。こ れまでの受賞作から新作までをご覧いただきます。

日本伝統工芸展 入選9回
日本伝統工芸染織展
入選10回
伝統工芸新作展
入選20回
東京都染芸展
東京都知事賞

染芸展大賞3回
長野県染織作家展
長野県知事賞
2000年 日本工 芸会正会員 認定

           
◎作家は会期中在廊いたしますので、ぜひお出かけください。
会期中、PM1:00より作品解説をいたします。



 
 

こだわりの手しごと展 しめの
会期/2010年11月4日(木)〜11月9日(火)

10:00a.m.−5:00p.m. (最終日は3時終了)

着物をこだわりの手しごとで洋服にリフォーム。バッグや小物もお楽しみください。
お誘いあわせの上、お越しくださいますようお待ちしております。

■高木 光代 (岐阜県大垣市 在住)

 
 

こだわりのコート・ジャケット&小物展
会期/2010年10月23日(土)〜11月1日(月)

10:00a.m.−6:00p.m. (日曜および最終日は5時終了)
※定休日 10/27(水)

手 織り布の味わい、オーガニック素材の気持ちのよさ・・・素材のやさしさが着る方のこころに伝わるような着心地を大切に作っています。あなたを軽やかに包み 込むようなコートやジャケット、ニットカーディガンを揃えました。遊び心いっぱいのニットフェルトのマフラーやアクセサリーもご一緒に、寒い季節を楽しみ ましょう。

■Afa 真砂三千代 (衣作家/三浦郡葉山町)
■Sind 原口良子 (染色家・衣作家/東京都)
■IDEM 百瀬雅子 (ニットデザイナー/山形県)
■松永 彩 (ニット・フェルトデザイナー/兵庫県)

●作家在廊日 10月23日 百瀬雅子
 
 

秋風雅
小山憲市紬織展
会期/2010年10月1日(金)〜10月10日(月)

10:00a.m.〜6:00p.m. (日曜日および最終日は5時終了) 10/6(水)定休日

小山憲市
1957年生まれ。
伝統を活かしながら新しい紬の美を提案している。
上田市在住。

小山憲市の今秋の紬の新作をご覧いただきます。深みがあり洗練された 色合いと巧みな糸遣いには、 独自の透明感ある美しさがあります。糸にこだわり、色にこだわって織り上げた、着る方の品格を感じさせる作品を楽しみにお出掛けくださいませ。

<NEWS>
『美しいキモノ』秋号に小山憲市の染色の工房紹介が3ページにわたって掲載されております。

■作家在廊日
10月1日(金)、2日(土)、3日(日)、9日(土)、10日(日)

きも のお手入れ講座

専門の方にきもののお手入れについてを教えていただく講座を始めました。
【第2回 半衿つけの秘訣】
10月2日(土) 13:30〜15:00
参加費 1,000円<半衿(2,000円相当)付>
※長襦袢をお持ちください。(針と糸は当方で用意します)
定員10名 要申し込み
協力 綿幸本店

半衿つけの講座です。衿もとは、美しいきもの姿のポイントのひとつ。
基本的な半衿の付け方を一緒に習いませんか。

■お申し込み
ガレリア表参道 Tel.026-217-7660 Fax. 026-217-7661

 
 

Quiet Silver / Bright Gold
川上一生 矢島かほり 2人展
会期/2010年9月23日(秋分の日) 〜9月28日(火)

10:00a.m.−6:00p.m. (最終日は5時終了)

シルバープリントの静かな世界と、中世イタリア発祥の黄金テンペラが 織りなす静謐な時間と空間をお楽しみください。


■川上一生
<Profile>
大阪市に生まれる
大阪芸術大学芸術学部デザイン科卒業
長野市内企画会社入社
デザイン部門カズノコスタヂオ設立
1999年長野市情報サービス会社入社

<賞暦>
竜王スキー場ポスター アドフラッシュマンスリー掲載
ドイツローデンシュトックPHOTOコンテスト入選
新日本写真コンテスト入選

<デザイン履歴>
竜王スキー場、北志賀スキー場ポスター及びパンフレット、駅ビルMIDORI、斑尾高原農場、
長野経済連パンフレット 他

<作品コンセプト>
「Quiet Silver」静かなモノクロ写真
レンズで光を凝縮し、プリントで光を解き放つ。時間を止められた光はシルバープリントで時間が動き出す。
写るモノ全てを静物写真として捉え、心地よい空間表現したアートプリントをお楽しみください。



■矢島かほり
<Profile>
長野県上田市生まれ
筑波大学芸術専門学群絵画科卒業
(株)クリエイティブヨーコ入社
木島隆康氏(現東京藝術大学教授)に師事、黄金背景テンペラ画を習う
Accademia D'arte(Firenze)にてテンペラ画コース受講
有森正氏(テンペラ画家)に師事

<賞暦>
現代童画展入選、 月刊MOEイラストコンテスト佳作

初めて本当のテンペラ画を教えていただく機会に恵まれた時、卵の黄身 と酢だけで練った顔料を水で溶き、
薄く何層にも塗り重ねることによって現れる透明感と質感、発色に、他の画材にはない美しさを見つけ、心躍りました。金箔を貼り、刻印などを施す様々な装飾 的な表現にも魅せられました。
表現方法については今も試行錯誤を繰り返す日々ですが、模写から始まり、現在までの作品をご覧いただき、
テンペラ画の魅力を感じていただければ幸いです。

 
 

京都西陣発
ゑくらどうる 山口三惠子 のキモノ展
会期/2010年9月10日(金)〜9月20日(月)

10:00a.m.−6:00p.m.
(日曜日および最終日は5時終了)
※休日 9/16(木)

●きもの/色無地・小紋・訪問着・紬・お召し
●帯/袋帯・京袋帯・名古屋帯ほか

西 陣の「ゑくらどうる」デザイナーの山口さんは、きもの制作・流通を熟知した立場から、現代のライフスタイルに合ったキモノと帯の提案をしています。シンプ ルでリーズナブル、品格のあるおしゃれなブランド「ゑくらどうる」は、今、キモノを着たい女性たちのニーズにぴったりです。昨年はニューヨークで、NY在 住の女性たちをモデルにすてきなキモノのファッションショーを開催、話題を呼びました。ぜひ、ご覧ください。

石川 利江

《きものトークとパーティー》
「キモノのコーディネートあれこれ 〜格・場・季節〜」
9月11日(土) 18:00〜
京都から「ゑくらどうる」のデザイナー・山口三惠子さんをお迎えして、きものトークと気軽なパーティーをいたします。ぜひ、お着物でお出かけください。 ニューヨークでのファッションショーの映像もご覧いただきます。

「き ものお手入れの講座」 〜衿や袖口のお手入れ
9月11日(土) 14:00〜15:00
簡単な汚れ落としや、ベンジンの使い方をプロが教えます。 (無料/定員20名 要申し込み)
 
 

第5回 暮らしのかたち+くらしの器展

■Part 1 くらしの器〜陶・ガラス・木・竹・金属・紙
2010年7月24日(土)〜8月3日(火)

■Part 2 暮らしのかたち〜布・衣
2010年8月7日(土)〜8月22日(日)

10:00a.m.−6:00p.m. (日曜日および最終日は5時終了)
※定休日7/28(水),8/4(水),11(水),18(水)

毎日の暮らしを大事にする・・・暮らしのスタイルを探す喜びを大切にしたいと思います。日常づか いに、贈りものに楽しめるものを集めました。
若手の作家もたくさん登場しますので、ぜひお出かけください。

■Part 1 くらしの器〜陶・ガラス・木・竹・金属・紙
2010年7月24日(土)〜8月3日(火)

画像をクリックするとPDFファイルが開きます。
 
市川 宗(陶/千曲市)
沖原紗耶(竹/山梨県) new
小林 登(漆/朝日村)
コバヤシユウジ(木/長野市)
小山智徳(陶/長野市) new
サブロウ(ガラス/富山県)
山麓アトリエ(鐵/八ヶ岳)
スタジオReleaf 由井隆太郎 new (ステンドグラス/千葉県)
スタジオReleaf 由井まり子 new (ガラス/千葉県)
角居康宏(錫/上田市)
竹本亜紀(ガラス/富山県) new
寺西将樹(ガラス/東御市)
中村 仁(陶/御代田町)
成田聡子(木・ガラス/愛知県) new
村上 奨(陶/静岡県) new

■Part 2 暮らしのかたち〜布・衣
2010年8月7日(土)〜8月22日(日)

画像をクリックするとPDFファイルが開きま す。
アトリエマニス(衣/東京都) new
市川洋子(染色/上田市)
オスマン・ダール(キリム/大阪府)
高木ゆう子(染織/長野市)
日高雅恵(染織/佐久市) new
Life afa(オーガニックコットン/神奈川県)
渡辺珠美(衣/長野市) new
OIDEYOハウス(雷バッグ/上田市) new
 
 

Sindの衣とジュエリー展
会期/2010年7月10日(土)〜7月20日(火)

10:00a.m.−6:00p.m. (日曜および最終日は5時終了)
※定休日 7/14(水)

涼 風を感じさせるブルーの濃淡・・・。楽しい気分を演出する水玉ジャガードや、バティック、イカットの柄のパターン。アジアの風を感じるシンドの装いに、シ ルバーやアフガニスタンで出土したローマングラス、アクリル樹脂にパールやビーズがあしらわれたアンティークテイストのアクセサリーを楽しんでください。

■Sind 原口良子 (染色家・衣作家/東京都)

■岡部美津 (ジュエリー・デザイナー/長野市)
■田部恂子 (ジュエリー・デザイナー/東京都)
■jouer avec moa? 山岡かおり (ジュエリー・デザイナー・東京都)

 
 

永野敦子オリジナルニット
秋冬コレクション2010
会期/2010年7月2日(金)〜7月5日 (月)

10:00a.m.−6:00p.m. (最終日は5時終了)

協力(株)青山サロン

上質で着やすく、着崩れしないシルエットの美しさは仕事の場で、旅先でその魅力を発揮します。
おしゃれを知り、成熟した美意識を持った多くの女性たちから支持されてきた、永野敦子のニットをぜひご覧ください。

●スーツ・ワンピース・ジャケット・パンツ 他
●Atsuko Nagano オリジナルアクセサリー

≪サロン・トーク≫
鈴木登紀子の「これだけは伝えたい和食」
〜小さな喜びが台所にはいっぱい 和食の達人からのアドバイス〜

日時/7月2日(金)14:00〜16:00
講師/鈴木登紀子(料理研究家)
【定員30名 要予約】

明治生まれの母からの直伝を、現代に合ったおふくろの味として紹介する家庭料理教室が評判にな り、多くの女性誌やNHK「きょうの料理」などに出演。80歳を超えた今も精力的に活躍なさっています。
「料理法だけでなく、人生にとって大切なことが、台所仕事には詰まっている」とおっしゃる鈴木さんから、お料理のコツから元気の秘訣などもうかがいます。 「登紀子ばぁば」と親しまれている鈴木さんに会いにお出かけください。お茶をいただきながらのサロン・トークです。

 
 企画展

Afa真砂三千代×IDEM百瀬雅子
夏のころも&ニット展
会期/2010年6月17日(木)〜6月29日(火)

10:00a.m.−6:00p.m. (日曜日および最終日は5時終了) ※定休日 6/23(水)

■Afa 真砂三千代(神奈川県三浦郡葉山町 在住)
ブラウス・スカート・パンツ・ワンピース・スカーフ

布をまとう。
やわらかな絹の風合いのずっとむこうに、糸を紡ぐ人の手、機(はた)のリズム、草木の力を感じます。
布は、自然のエネルギー。
巡る季節の感動をころもに映し夏の息吹をお届けします。(真砂三千代)

■IDEM 百瀬雅子
草木染ニット(綿・麻・シルク・ウール)のカーディガン・プルオーバーetc・・・

染め糸の織り成すグラデーションの美しさに加え、袖をとおすのが楽しいユニークな形のニットで す。

 
 

水無月会展 Art collection 2010
六人の それぞれの色 それぞれの形
会期/2010年6月3日(木)〜6月8日 (火)

10:00a.m. − 6:00p.m.
( 日曜日および最終日は 5 時終了)

作品の展示、及び販売もしております。

■倉石享子(手描き友禅)
■有馬国雄(手描き友禅)
■藤川和美(創作こけし)
■村田康男(陶芸)
■村瀬信吾(曼陀羅版画)
■山岸久美子(手織り)

今回長野市で初めてのグループ展となります。
手描き友禅、陶芸、版画、手織りのタペストリーや洋服など、それぞれの方々の個性豊かな工芸作品をご覧いただきます。

 
 企画展

小山利枝子展 CIRCLE OF LIFE
会期/2010年5月13日(木)〜5月25日(火)

AM10:00〜PM6:00(日曜、最終日は5時終了)
※5月19日(水)定休日

新緑や花々の息吹に満ちた5月の長野で久しぶりに個展を開催します。
人生の新たなページをめくりながら、花へのアプローチも変化しつつあります。
近年いくつかの美術館で展示された作品やパステルによる新しい領域の作品など、様々な新作を通して生命の華やかなエネルギーを感じていただきたいと思いま す。(小山利枝子)

■オープニング・パーティー
5月13日(木)6:00〜
作家を囲んでの楽しいパーティーです。
お気軽にお出掛けくださいませ。

 
 企画展

李朝憧憬展 〜木工・陶磁・金属・布の無碍自在な美〜
会期/2010年4月24日(土)〜5月9日(日)

AM10:00〜PM6:00(日曜・最終日は5時終了)
【主催】 ISHIKAWA地域文化企画室

日本の文化や美術に大きな影響を与えた半島の美意識へのオマージュを、さまざまなジャンルの作り 手が表現しました。洗練され繊細でありながら土着的な剛さも併せたかたち、無碍自在な美しさを持つ器、家具、書画、衣など・・心に響く作品をぜひご覧くだ さい。

【出品作家】
小林 順子(ポジャギ 衣・東京都)
角居 康宏(錫・上田市)
高仲 健一(書画/陶・千葉県)
谷 進一郎(木工・小諸市)
佃 眞吾(木工・京都市)
奈良 千秋(白磁・上田市)
般若 芳行(木工・木祖村)

「李朝」とは?
1392年から519年にわたって続いた朝鮮王朝時代の王朝文化を指します。
この時代の文化は、儒教の教えにのっとった清廉で質素な精神性もった生活様式が尊ばれ、李朝工芸の大きな要素になっています。

●ギャラリートーク
 4月24日(土) 16:30〜参加作家による、作品を語るギャラリートークがあります。
●オープニングパーティ 
 4月24日(土) 17:30〜オープニングパーティ
※お気軽にご参加ください。

■工芸のネットワーク情報

美と暮らしを結ぶ
工芸の五月
2010年4月29日(木)〜5月31日(月)
工芸のまち、松本を中心に長野のギャラリーも含めた約50の企画展が、この期間に開催されます。道具に込められた『暮らしの美』をご覧下さい。
クラフトフェアまつもと
2010年5月29日(土)・30日(日) 【雨天決行】
会場 あがたの森公園

 
 

おとなカジュアルの袋物とバッグ展
会期/2010年4月8日 (木)〜4月20日(火)

10:00a.m.−6:00p.m.
(日曜日および最終日は5時終了)
※定休日 4/14(水)

手の技が見える革工芸のオリジナルバッグ、染色や織りの布の楽しさと表情が魅力的な袋物の数 々・・・。
大人に似合う、ふだんに楽しいバッグをお探しにお出かけください。

【出品作家】
花岡真知子 (岡谷市)
松浦悦子 (富山市)
丸山邦江 (松本市)
宮沢千賀 (長野市)
山田邦子 (伊那市)

 
 

「四季光彩」出版記念 合同写真展
会期/2010年4月1日 (木)〜4月6日(火)

10:00a.m.−6:00p.m.
(日曜日および最終日は5時終了)

「四季光彩」(2010年3月10日出版)写真集の出版を記念して合同写真展を開催します。
出展者約30名の作品をご覧いただきます。

【ご連絡先】
クリエイティブセンター/栗田
〒380-0802 長野市上松3丁目4-43-8
TEL 026-243-7094 FAX 026-243-7095
E-mail ookurita@bj.wakwak.com

 
 企画展

真砂三千代 衣展
Afa collection 2010  春風をまとう 〜 巡る季節の感動をころもに映す
会期/2010年3月18日 (木)〜3月30日(火)

10:00a.m.−6:00p.m.
(日曜日および最終日は5時終了)
※定休日 3/24(水)

真砂三千代はラオスなどの草木染や手織りのこだわりの布に魅せられ、その風合いを活かしたころも を制作します。自在に揺れ、動くころもは、まとう人のこころまで包みこんでくれます。

●ブラウス・ジャケット・スカート・パンツ・ワンピース・ストール
●オーガニックコットンのスキンウエア,タオル 他

真砂三千代の布選び・お誂え会
日時: 3月22日(振替休日)・23日(火)
両日13:30〜16:00

こだわって選んだ布の中から、あなただけの衣を真砂三千代がデザインいたします。
春の1日、お茶でもいただきながらゆっくり衣選びをいかがでしょうか?
*時間のご予約をいただけるとうれしく思います。

■真砂三千代(まさご・みちよ) 衣作家/神奈川県三浦郡葉山町 在住

*オーガニックコットンでつくられるライフアファの
日常着  〜Organic life clothing〜

3年以上農薬を使わない畑で取れたコットンは糸そのものに優しい感性 を秘めています。
無撚糸のタオルのフワフワ感や鉱物染めのTシャツの感触は赤ちゃんの肌のよう。
ピュアな大地のめぐみをそのままにライフアファの日常着もご一緒にお楽しみください!

 
 

長野灯明まつり』開催記念
「第4回〜AKA・AKA・YA〜如月・灯りのあそび展」
会期/2010年2月4日(木)〜2月21日(日)

10:00a.m.−6:00p.m.
(日曜日および最終日は5時終了)

※定休日 2/10(水)、17(水)
【入場無料】

今年も世界の平和を祈って善光寺本堂などをライトアップする「長野灯明まつり」が
開催されます。この冬のひかりのイベントに合わせて、様々な作家の暮らしを演出する
灯りをご紹介します。キャンドル、ガラス、木、鉄と篭の灯りなど・・今年は新しい
作家も3人加わりました。寒い季節に心まで温まるひかりの空間をお楽しみ下さい。

■出品作家
ガラス工房 橙 (ガラス/東御市)
コバヤシユウジ (木/長野市)
山麓アトリエ (鐵/八ヶ岳)
月出幸子(ひたち ゆきこ) (篭/伊東市)new
村地忠太郎 (曲げ木/木曽町)new
Candle JUNE (キャンドル/東京都)new

●夜咄しの茶会
さまざまな灯りに囲まれて、冬の夜を小さなお茶会で楽しみたいと思います。
お気軽にご参加ください。
日時/2月13日(土)5時から(予定)

 
 

池上秀畝屏風展
会期/2010年1月3日(土)〜1月19日(火)

10:00a.m.−6:00p.m.(日曜日および最終日は5 時終了)
※定休日 1/6(水)、13(水)

新春の展示として、温雅で流麗な花鳥画を描いた池上秀畝の大屏風をご覧いただきます。
お抹茶をご用意いたしておりますので、初詣の折にお気軽にお立ち寄り下さい。

●地元作家の工芸作品や版画なども展覧いたします。

■出品作家
伊藤敦欣(漆)  ガラス工房 橙(ガラス)  小林 登(漆)  コバヤシユウジ(木)
サブロウ(ガラス)  山麓アトリエ(鐵)   島 るりこ(陶)  角居康宏(金属)
中村 仁(版画)  森 章子(陶)  他

●池上秀畝(いけがみ しゅうほ)
明治7年(1874)〜昭和19年(1944)
上伊那郡高遠町に生まれ、19歳で上京。師寛畝より南北合派と洋画写実画法を学び、卓越した筆技を身につけ、文晁・崋山を模写して歴史人物画を表す。その 後、狩野山楽・永徳の桃山絵画を研究、写実と装飾を融合させた絢爛豪華な花鳥画を「四季花鳥」に結実させた。

池上秀畝「歳寒三友図」
 
 
 
Copyright (C) Galleria Omotesando. All Rights Reserved.