ガレリア表参道
galleria blog
ガレリア表参道
催事のご案内貸ギャラリー常設展示作品ギャラリー概要リンク
過去の催事
開催中の催事と今後のスケジュール
2009年

 

ぬくもりのおくりもの

会期/2009年11月28日(土)〜12月25日(金)

【入場無料】10:00a.m.−6:00p.m. (日曜日および最終日は5時終了)
定休日12/2(水),9(水),16(水) ※23(水)は営業いたします。

おくりものの季節になりました。
心のこもったプレゼントを大切な方へ・・・、ご自分へのご褒美に・・・
“ぬくもりのおくりもの”をお探しにお出かけください。

【出品作家】
Sind 原口良子 (衣・布)
BIN house (ジャワ更紗)

・伊藤敦欣(漆)    ・小山達也(ミニ絵画・豆本・ポストカード)    ・ガラス工房 橙(ガラス)
・小林 登(漆)   ・ 小林 裕爾(木)    ・サブロウ(ガラス)    ・山麓アトリエ(鐵)
・島 るりこ(陶)    ・角居康宏(金属)   ・ 森 章子(陶)   ・ 宮沢千賀(ストール・マフラー) 他

■会期中のイベント
**クリスマスリースをつくろう!**

冬支度もそろそろ・・・という季節。クリスマスも近づいてきます。 12月に入ったらお家にリースを飾って楽しいクリスマスを迎える準備を始めましょう!
もみの木や松ぼっくりに赤い実など定番の素材をベースにプラスαのアクセントを加えて、あなただけのオリジナルのクリスマスリースを作ってみませんか。
ステキな贈り物にもどうぞ!

【日時】
12月4日(金) 17:30〜19:30 または
12月5日(土) 14:00〜16:00
※ご希望の日をお選びください。

【講師】西ア裕子(フラワー・グリーンコーディネイター)

【参加費】3,000円
※材料費込み、φ35〜40cmぐらいの大きさです。

【定員】10名
小学生以上(低学年の場合は保護者同伴)

※花ばさみをご持参ください。
※もしございましたら、お手持ちのオーナメントなどの飾りもご持参ください。

お申込は、ガレリア表参道(026-217-7660) までお願いします。 お誘い合わせてお気軽にご参加ください。

 
 

真砂三千代の衣とフェルトの小物展

会期/2009年11月13日(金)〜11月24日(火)


10:00a.m.−6:00p.m.
(日曜・祝日および最終日は5時終了)
※定休日 11/18(水)

●ブラウス・ジャケット・コート・スカート・パンツ・ワンピース・スカーフ
●フェルトバッグetc…

■Afa 真砂三千代
表も裏も自在に着こなせるリバーシブルの布は、上着として、またパンツやスカートに重ねたり・・・纏い方でとっても楽しい着こなしが生まれます。アファの 秋冬コレクションをどうぞご覧ください。

■俵森朋子
フェルトの原毛からつくられるバッグたち。葉山の海や山からインスピレーションを受けた色合わせやデザインのバッグは、やさしくて、あたたかい気分にさせ てくれます。

 
 

伊藤陽子展

会期/2009年10月29日(木)〜11月10日(火)


10:00a.m.−6:00p.m.
(日曜日および最終日は5時終了)
※定休日 11/4(水)

【入場無料】

■伊藤陽子(いとう・ようこ)
  長野市生まれ
  女子美術大学油絵科卒業
  長野、東京にて個展多数

■アトリエ
〒381-0055 長野市屋敷田392-43
Tel 026-241-1530

 
 

遠藤政孝+小山憲市 きもの出会い展

会期/2009年10月9日(金)〜10月20日(火)

10:00a.m.−6:00p.m.(最終日は5時終了)
※10月14日(水)定休日

主催 ISHIKAWA地域文化企画室

●付け下げ・着尺・帯・帯揚・帯締など

遠藤政孝(新宿区神楽坂在住)
江戸友禅の伝統を継承し、草木染による作品など、卓越した技術と豊かな色彩感覚で、繊細なきものの美しさを表現している。

小山憲市(上田市在住)
上田紬の伝統を基盤に、瑞々しい感覚で、甘撚りの手引き糸や艶のある玉糸などを自在に使い、多様な表情の紬を織り上げている。

コーディネート/両角明美(きもの雑誌ライター)
全国を取材に回る中で見つけた、帯揚げ、帯締めなどの小物をふたりの作家の着物に取り合わせました。

特別出品/衣桁(谷進一郎:木工作家・小諸市)

【きものトーク&相談室】
遠藤政孝×小山憲市×両角明美
日時 10月10日(土) 午後2時〜4時
参加自由(定員30名)

■お問合せ・お申込先
TEL026-269-6161(ISHIKAWA地域文化企画室)

 
 

永野敦子オリジナルニット秋冬コレクション2009

会期/2009年10月1日(木)〜10月6日(火)

10:00a.m.−6:00p.m.(最終日は5時終了)

主催 ISHIKAWA地域文化企画室
協力 青山サロン

上品で着やすく、着崩れしないシルエットの美しさは仕事の場で、旅先でその魅力を発揮します。お しゃれを知り、成熟した美意識を持った多くの女性たちから支持されてきた、永野敦子のニットをぜひご覧ください。
長野で初めての展示会です。

●スーツ・ワンピース・ジャケット・パンツ 他 ※サイズ、カラーなどお客様のオーダーもお受け できます。
●Atsuko Nagano オリジナルアクセサリー

【サロン・トーク】
「大人の女性こそ美しく」
〜達人からのおしゃれアドバイス〜

日時 10月2日(金) 14:00〜16:00(定員30名)
講師 与儀みどり(ホテル・オークラ「与儀美容室」代表)
永野敦子(「青山サロン」代表・ニットデザイナー)

皇 太子妃雅子様、秋篠宮紀子様のご婚礼支度を担当されたことでも知られる与儀みどりさんからは、メーク、ヘアスタイルへのアドバイスを。上質で着やすいニッ トで知られる永野敦子さんには、女性を美しく見せる、スタイルのあるおしゃれのポイントをアドバイスいただきます。お茶をいただきながらのサロン・トーク です。※参加無料

■お問合せ・お申込先
TEL026-269-6161(ISHIKAWA地域文化企画室)

永野敦子 Nagano Atsuko
ホテル・ニューオータニ、ホテル・オークラ、帝国ホテル、日本橋三越本店にショップを持ち、ニットの装いを
提案しています。上質なニットの着心地のよさは、多くの活躍する女性たちの心をとらえています。
 
 企画展

BIN house × limul
更紗と古代ビーズ&ジュエリー展

会期/2009年9月17日(木)〜9月29日(火)

10:00a.m.−6:00p.m. (日曜・祝日および最終日は5 時終了)
※会期中無休

  【BIN house】更紗絹ストール、カシミア絹ストール・マフラー、ブラウス
  【limul】古代ビーズ・ジュエリーのネックレス、リング、イヤリング etc…

BIN house からは、更紗(絹)のストール・マフラー、ブラウスなどに加え、新作のカシミア絹に
インディゴ藍とインドネシアの伝統的な天然染料との組み合わせから生まれた最新作の更紗を、
limul(リムル)からは、古代の遺跡から出土した玉石やトンボ玉に22K の金細工等を組み合わせ、現代
のセンスに合うようにリファインされたネックレスやリングをご紹介します。悠久の時の流れを感じさせる
更紗と古代ビーズ&ジュエリーの世界をどうぞお楽しみください。

■BIN house ジョセフィーヌW.コマラ
(テキスタイル・クリエイター/ジャカルタ 在住)

カシミア絹と更紗が出会いました。インディゴ藍の色彩 の美しさに魅せられる新作の更紗です。

インディゴ藍とその他の伝統的な天然染料の組み合わせは最高の傑作を生み出しました。互いに色合 いが微妙に違う複数の緑色、紫色、色調が微妙に変化してい く数々の灰色、青みがかった黒色、茶色を帯びた黒色・・・

インドネシア・バティックの長い歴史に新しい物語が始ま
ります。

■limul (リムル) 片桐 光治
(ジュエリーデザイナー/埼玉県春日部市 在住)

リムルは約15年前より古代ジュエリーをご紹介してきています。古代文明(エジプト・メソポタミ ア・インダス・ローマ)などの遺跡から発掘された玉石(珠)やトンボ玉にハンドメイドの22Kの金細工、銀細工等を組み合わせ、オリジ
ナルのネックレスやリングを現代のセンスに合うようにリファインしています。

リムルによって新たな息吹を吹きかけられた、ロマンあふれるジュエリーたちをご覧いただきます。

 
 

アーチスト・イン・レジデンスin善光寺界隈
カリン・ピサリコーヴァ展 ○×○×(マルバツ マルバツ)

会期/2009年9月10日(木)〜9月15日(火)

10:00a.m.−6:00p.m.

「アーチスト・イン・レジデンスin善光寺界隈」とは、長野市の「ながのまちづくり活動支援事 業」の補助事業です。

  善光寺の門前町として発展してきた長野市であるが、近年他の多くの都市に見られるように、シャッターが降りた店舗が目立つようになってきています。本企画 は、それらの空き店舗の有効活用を図り、現在日本の各所にて起こっているアーチスト・イン・レジデンス(地域に根ざした居住型芸術制作活動)の活動によ り、善光寺界隈の町の活性化や地域の文化への波及効果を図ることを目的としています。

善光寺に近い桜枝町はかつて栄えた商店街ですが、その中の旧鉄工所の建物を借りて、7月よりチェ コの美術家 カリン・ピサリコーヴァさんが生活しながら、制作をしています。
展覧会は、インスタレーション、映像などによる展示であり、ギャラリートークも予定しています。

●オープニングパーティ・ギャラリートーク
  日時/9月11日(金) 午後6時から
※ 参加無料

■カーリン・ピサリコーヴァ(1982年ブルノ市出身)はチェコ共和国、ブルノ大学ボディーデザ イン科を卒業し、現在同大学芸術学部の博士課程に在籍中。写真、ビデオ、パフォーマンス、観客参加型アートなどを中心に活動している。作品は Tanecni revue, Atelier, Art & Antiques等の雑誌に紹介される。Fleda music club, チェコデザインセンター、Skolka 28ギャラリーでのパフォーマンスフェスティバル、エジンバラ演劇祭、マルチプレース国際フェスティバルでパフォーマンスを行う。
マサリク大学、Umakartギャラリーにて個展。プラハデザインセンター、プラハUMPRUMギャラリーにてグループ展。イタリア(ミラノ、トリノ)、 スロヴェニア(リュブリアナ)、ドイツ(カッセル)で奨学金を得る。

 
 企画展

第4回 暮らしのかたち+くらしの器展

会期/2009年8月20日(木)〜9月6日(日)

10:00a.m.−6:00p.m. (日曜日および最終日は5時終了)
※水曜定休日8/26(水),9/2(水)

一点の器を選ぶことで、日々の暮らしのかたちは変わっていきます。
あなたのかたちを探しにお出かけください。
毎年夏の恒例企画となり、今回は第4回目になります。新しく4名の作家さんが加わり、バラエティ豊か
にご覧いただきます。

■出品作家(16名)
市川 宗(陶/千曲市)new   市川洋子(染色/上田市)    伊藤敦欣(漆/塩尻市)
越中真知子(ガラス/東京都)    ガラス工房 橙(ガラス/東御市)   小林 登(漆/朝日村)new
小林裕爾(木/中条村)   サブロウ(ガラス/富山市)    山麓アトリエ(金属/八ヶ岳)
島 るり子(陶/伊那市)    角居康宏(錫/上田市)    高木ゆう子(染織/長野市)
田口司緒里(金属/木曽郡大桑村)new    星野英子(ステンドグラス/穂高町)    森 章子(陶/上田市)
金子潤一郎・貴子[忠兵衛](衣/南佐久郡北相木村)new 8/22〜出品


 
 企画展

京の絞り職人展−世界の名画−

会期/2009年8月7日(金)〜8月10日(月)

10:00a.m.−6:00p.m. (日曜日および最終日は5時終了)

《世界の名画  絞りで挑戦》
京都の絞り職人が、ダヴィンチ、ゴッホ、モネの作品等、「世界の名画」を題材に京鹿の子絞りの技を用い
再現し、公開いたします。
絹のキャンパスに、針一目絞り、針疋田絞り、小帽子絞り、中帽子絞り、大帽子絞り、桶絞り、傘巻絞り、平縫締絞り、折縫締絞り、横引き絞り、がんこ絞り等 の絞り技法を使用し、熟練した職人40人で、一年の年月をかけて完成させた作品です。

【出品内容】
世界の巨匠に絞りで挑戦「絞り名画」(予定)
笛を吹く少年(エドゥアール マネ)
着衣のマハ(フランシスコ ゴヤ)
睡蓮(クロード モネ)
落穂拾い(ミレー)
マンゴの花を持つタヒチの女達(ゴーガン)
記憶の固執(ダリ)
ひまわり(ゴッホ)
リンゴとオレンジ(セザンヌ)
踊り子と扇子を持つ女性(ドガ)
モナリザ(レオナルド ダヴィンチ)

絞りの最終工程である「湯のし」の工程をあえて省き、絞り独特の凹凸を残すことにより、油絵の雰 囲気を出すことに成功しました。
現在、絞りの世界においても、他の伝統工芸と同様、後継者不足、また、「きもの」の需要減退といった大きな問題を抱えております。そういった中で、我々京 の絞り職人衆としては、日々、新しいデザイン、技術に挑戦し、伝統を守るべく努力しています。
日本の伝統産業を守るためにも、是非多くの方々にご覧いただき、「絞り」の良さをPRするために開催いたします。

他に、辻が花染、鹿の子絞りの着物、スカーフ、はぎれ 等 約200点
なお、会期中、鹿の子絞りの一部実演も行います。

 
 企画展

どうぶつのかたち展

会期/2009年7月18日(土)〜8月2日(日)

10:00a.m.−6:00p.m.
(日曜日および最終日は5時終了)
※定休日 7/22(水)、29(水)

さまざまな素材やスタイルで創り出される「どうぶつのかたち」。それぞれにユニークで、アーティ ストの視線が とらえた楽しい動物たちが皆様をお待ちしています。

■作家(中村仁+たかはしびわ)によるワークショップ
「ペーパードライポイントで動物版画をつくろう!」
特殊なコーティングをしてある紙製の版材を使用した凹版です。
プレス機を使用してプリント。一般的な銅板やアクリ板に比べて大人から子どもまで手軽に楽しめる版画技法です。

日時:  8月2日(日) 13:00〜16:00 受付随時
参加費(材料費込み): 大人2,000円 子供1,000円
※親子参加の場合3,000円
定員: 20名 小学生以上(低学年の場合は保護者同伴でお願いします)
※お誘いあわせて、お気軽にご参加ください。

■出展作家 7名
・稲田 敦(彫刻・立体/松本市)
・小山達也(絵画・立体・豆本/長野市)
・川上けいすけ(日本画/松本市)
・たかはしびわ(絵画/佐久市)
・田嶋 健(版画/佐久市)
・中村 仁(版画・立体/長野市)
・本濃研太(立体/東京都)

 
 企画展

真砂三千代+真木千秋
夏の衣展

会期/2009年7月2日(木)〜7月14日(火)

10:00a.m.−6:00p.m.
(日曜日および最終日は5時終了)
※定休日 7/8(水)

●ブラウス・ジャケット・スカート・パンツ・ワンピース・ストール・Tシャツ etc…

■Afa 真砂三千代
真夏の光がまぶしい季節、白やナチュラルの麻やシルクで この季節を爽やかに過ごす衣を創りました。風を感じる シンプルなコーディネイトをお楽しみください。

【ライフアファ】 Organic life clothing
3年以上農薬を使わない畑で取れたコットンは糸そのものに 優しい感性を秘めています。無撚糸のタオルのフワフワ感や 鉱物染めのTシャツの感触は赤ちゃんの肌のよう。ピュア な大地のめぐみをそのままにライフアファの日常着です。

■真木テキスタイルスタジオ 真木千秋
草木、花から染める透明な赤、薄紫、ピンク、黄色、黄緑、エメラルド ブルーなどで初夏のストールを織り上げました。
生絹の布でふわりと羽織る衣とともに軽やかな初夏の風合いをお楽しみ ください。

 
 企画展

Sind×ウスタニ・ミホ×岡部美津
初夏の衣と小物展

会期/2009年6月13日(土)〜6月25日(木)

10:00a.m.−6:00p.m. (日曜日および最終日は5時終了)
※定休日 6/17(水)、24(水)

■Sind 原口良子/ ブラウス・スカート・パンツ・ストール 他
水玉のバティック、古色の麻、やわらかなレーヨンシルクの絣、 今年の春夏は「ナチュラルな風をまとう衣」がテーマです。

■ウスタニ・ミホ / Tシャツ・バッグ・生地 他
墨と柿渋で描いたTシャツ・コラージュTシャツ 藍縫い締め絞りの布(ピーニャ繊維、手紡ぎ木綿、リネン etc…)

■岡部 美津 / ネックレス・リング・イヤリング 他
さまざまな色合いの天然石とシルバーの組み合わせで、 モダンな中に優しいフォルムを見せるジュエリーです。

 
 

辻石齋と魯山人の漆展

会期/2009年6月5日(金)〜6月7日 (日)

時間/10:00a.m.−6:00p.m.(日曜日および最終日は5時終了) 【入場無料】

● 御書付棗、香合、他 新作含む70点と魯山人好のお椀などもご覧いただきます。

■辻 石齋(塗師)
  昭和60年 帝京大学経済学部経営学科卒業
  平成04年 山中に戻り、父に師事
  平成11年 東京にて初個展を開催 作家名は辻 和成
  平成15年 五代目石齋襲名
その後全国各地で個展開催

【工房】石川県加賀市山中温泉本町2丁目ナの6
Tel:0761-78-0166

 
 

白から始まり、白へと回帰する
白の領域展 秦泉寺由子×真砂三千代

会期/2009年5月8日(金)〜5月21日(木)

時間/10:00a.m.〜6:00p.m.
(日曜日および最終日は5時終了)

会場 ガレリア表参道
主催 ISHIKAWA地域文化企画室

※会期中無休

秦泉寺由子がアトリエのあるバリ島の青竹との出会いによって、青竹の精霊から生まれたような〈白 色〉
の柔らかな諧調の布を染め上げました。その布から、真砂三千代が重なり合う〈白〉が揺らぐ〈衣〉を作り上げました。ふたりのコラボレーションによる、古代 から現代を飛び交うような自在な布の造形をご覧ください。ふたりの近作もご覧いただけます。

● 青竹染め、墨染め、泥染めによる、きものや帯、小物
● ドレス、ブラウス、スカート、ストール 他

【煎茶席】 白の茶会
5月10日(日)14:00〜16:00 《無料》
東阿部流・土田翠遊社中によるお煎茶席。『白』の陰影の中で、静かなお茶の時間をお楽しみください。

【煎茶席】 白の茶会
5月10日(日)14:00〜16:00 《無料》
東阿部流・土田翠遊社中によるお煎茶席。『白』の陰影の中で、静かなお茶の時間をお楽しみください。

真砂秀朗 ネイティブフルートコンサート
「観音」〜白の領域へのオマージュ
真砂秀朗(インディアンフルート・竹笛)×遠藤晶美(シンセギター)
ゲスト/リチャード・ハート(舞踏)

日時 5月10日(日) 午後7時から
会場 西の門よしのや 酒蔵2Fホール
会費 2,000円(定員50名)
※コンサート終了後、作家と出演者を囲んでささやかな会を催します。(会費3,000円)

お申込先
電話026-269-6161(ISHIKAWA地域文化企画室)

 
 企画展

善光寺ご開帳記念
木工家の仏壇と祈りの箱展

会期/2009年4月24日(金)〜5月5日(火)

時間/10:00a.m.〜6:00p.m.
(日曜日及び最終日5時終了)
※会期中無休

● ギャラリー・トーク 4月30日(木)16:00〜18:00
桜井佐七(ゲスト)×長井武志(木彫仏像)×谷進一郎(木工家)
小布施での青山二郎のこと 、仏像美術のことなどをお聞きします。

● オープニング・パーティ 4 月30 日(木)18:00〜
※お誘いあわせて、お気軽にご参加ください。

7 年に一度の盛儀、善光寺ご開帳を記念しまして、県内外の実力を持った中堅から若手までの木工家たちが精魂を込めて作りました「仏壇と大事な思い出を入れる 箱、蓋もの」を集めました。
暮らしの中で祈りの時間、自省の空間が求められているように思います。木が蓄えた時間に見合う、時間を掛けた仕事のよさをご覧いただきたいと思います。特 別出品の木彫仏像も期待いただける現代の祈りがこめられております。
善光寺の賑わいの中で、静かな空間で心に残る展覧会を開催したいと思っております。ぜひお出かけください。
石川 利江

■展示作品/仏壇・厨子・箱・竹編箱・箱・仏像・仏具・白磁花立 他

■参加作家
安藤 和夫(神奈川県小田原市)  飯島 正章(上松町)  川口 清樹(長野市)  北原 進(塩尻市)
谷 進一郎(小諸市)  佃 眞吾(京都市)  土岐 千尋(茅野市)  原 清(栃木県那須町)
般若 芳行(木祖村)  藤井 慎介(静岡県裾野市)  法嶋 二郎(中川村)  奈良 千秋(白磁/上田市)
角居 康宏(錫/上田市)

【特別出展】
長井 武志(木彫仏像/さいたま市)
(有)古文化財保存修復研究所 代表取締役
大宮アートアカデミー 主宰
中村 仁(善光寺版画/御代田町)

 
 企画展

長野のアートに出会う
2009 NAGANO ART展

会期/2009年4月8日(水)〜4月20日(月)

時間/10:00a.m.〜6:00p.m.(最終日は3時終了)
※日曜日は5時までとさせていただきます。
※会期中無休

善光寺御開帳の春、善光寺近くの表参道からわくわくするアートをお届けしたいと思います。
若手から中堅の活躍中の長野在住、長野出身のアーティストによるペインティング(油・アクリル・テンペラ)、版画、ドローイング、鉛筆画など多様な表現を ご覧いただけます。
常に新しい表現を探し求め続けるアーティストの作品から、あなたは何を見つけてくださるでしょうか。

■出展作家 8名
・荻原克哉 (絵画/東京都)
・香山洋一 (絵画/長野市)
・小山利枝子 (絵画/長野市)
・たかはしびわ (絵画/佐久市)
・田嶋 健 (版画/佐久市)
・中村 仁 (版画/長野市)
・中村眞美子 (版画/長野市)
・丸田恭子 (絵画/長野市)

■大人のためのギャラリー・コンサート
齋藤 徹+井野信義
「bass duo バス・デュオ〜ふたつのコントラバス」
日時:4/19(日) 18:00〜
会費 2000円(ワインつき)
※お誘い合わせて、 お気軽にご参加ください。

 
 企画展

真砂三千代衣展 春をまとう

会期/2009年3月19日(木)〜31日 (火)  ※定休日 2/25(水)

ブラウス・イン ド綿に刺繍
スカート・紙布に墨染め
ストール・ピーニャ(パイナップルの繊維)

やわらかな風合いのアジアの手織り布は優しい着心地で身体を包んでくれます。

麻やタッサーシルク、草木染めのシルクなどさまざまな布の個性を形にしたアファの衣

オーガニックコットンで作る日常着

ライフアファをご覧下さい。

真砂三千代

真砂三千代さんの春をまとう衣―組み合わせが楽しいアイテムがたくさん並びます。
2009年春のコレクションをどうぞご覧ください。

■Afa春の素材とアイテム
:インドシルク・ラオスの草木染シルク・麻×絹の交織
中国の麻・麻のジャガード織
:ブラウス・スカート・パンツ・ジャケット・タンクトップ・ワンピース・ストール等
■Life afaの素材とアイテム
:オーガニックコットン
:ブラウス・スカート・パンツ・Tシャツ・スキンウエアー・靴下・タオル等

●真砂三千代(まさご・みちよ) 衣作家/神奈川県三浦郡葉山町 在住
※作家在廊日: 3月19日(木)

 
 

ART FESTA '09 in 善光寺表参道 KAIGA

会期/2009年2月20日(金)〜23日 (月)

主催/art collection house Co.,Ltd.
アートコレクションハウス株式会社(東京)

現代人気作家の代表作から最新作まで一同に出展。ミュシャ、エルテ、カシニョール等の美人画。
KAGAYA、SHU、貴希などのデジタルアート。ジョウ・ナイトウ、シム・シメール等のネイチャーアート。
マンガ作家の版画作品まで幅広く取り揃えご紹介いたします。点数70 点ほど。
入場無料/展示販売

●特別企画
日本が誇るワイルド・ライフアートの巨匠、ジョウ・ナイトウ来場
日時:2月22 日(日)13:30〜16:30

 
 企画展

「長 野灯明まつり」開催記念
第3回 〜AKA・AKA・YA〜 如月・灯りのあそび展

会期/2009年2月5日(木)〜16日 (月) ※定休日 2/11(祝)

今年も世界の平和を祈って善光寺本堂などをライトアップする「第 6回長野灯明まつり」が開催されます。

五色に彩られた善光寺に続く表参道は無数の灯明でいっぱいに…こ の冬のひかりのイベントに合わせて、いろいろなジャンルの作家による楽しい灯りをご紹介いたします。

ガラス、木、鉄、植物などに加え、スタイリッシュにデザインされ た新感覚の照明など、さまざまな灯りに囲まれて、寒い季節に心まで温まるひかりの空間をお楽しみ下さい。

出品作家
■インデザイン(プロダクトデザイン/東京都)
■ガラス工房 橙(ガラス/東御市)
■川村 忠晴(植物/東京都)
■小林 裕爾(木/中条村)
■山麓アトリエ(鐵/八ヶ岳)
【特別出展】
■中村 仁(色絵陶板/御代田町)

 
 企画展

雅の遊び展
〜池上秀畝の屏風と初春を寿ぐ暮らしの器〜

会期/2009年1月3日(土)〜1月27日(火)

10:00a.m.−6:00p.m.(日曜日および最終日は5 時終了)
※定休日 1/7(水)、14(水)、21(水)

新春を迎えた晴れがましさ…新しい器との出会いは、気持ちもあら たまります。初春を寿ぐ暮らしをテーマに作家の器を集めました。
流麗な花鳥画を描いた池上秀畝の大屏風とともにご覧いただきます。坪庭を臨む立礼のお茶席にてお抹茶をご用意いたしております。初詣の折にお気軽にお立ち 寄り下さい。

■出品作家
伊藤敦欣(漆/塩尻市)
小林裕爾(木/中条村)
島るり子(陶/伊那市)
角居康宏(錫/上田市)
寺西将樹(ガラス/上田市)
花岡和夫(グラヴィール/佐久市)
藤野貴則(陶/佐久市)
森章子(陶/上田市)  他

●池上秀畝(いけがみ しゅうほ)
明治7年(1874)上伊那郡高遠町に生まれ、19歳で上京。師寛畝より南北合派と洋画写実画法
を学び、卓越した筆技を身につけ、文晁・崋山を模写して歴史人物画を表す。その後、狩野山楽・永徳の桃山絵画を研究、写実と装飾を融合させた絢爛豪華な花 鳥画を「四季花鳥」に結実させた。


池上秀畝「竹に旭」
 
 同時開催

初春の備前陶展−黒田儀男

会期/2009年1月3日(土)〜1月9日 (金)

※定休日 1/7(水)

●茶器・水指・花器・壷・酒器・食器 約70点

善光寺御開帳の年です。 初詣の帰り道にお立ち寄りください。
新春らしい備前の緋色の焼き締めです。

会期中は作家在郎

【工房】 岡山県瀬戸内市長船町磯上2681-1  Tel:0869-26-4901

 
 
 
Copyright (C) Galleria Omotesando. All Rights Reserved.