ガレリア表参道
galleria blog
ガレリア表参道
催事のご案内貸ギャラリー常設展示作品ギャラリー概要リンク
過去の催事
開催中の催事と今後のスケジュール
2008年

 ガレリア表参道ショップ

ぬくもりのおくりもの
〜2008年12月26日(金)

10:00a.m.〜6:00p.m.(最終日は午後5時終了)
※定休日12/17(水)、24(水)

おくりものの季節になりました。
贈る方にも贈られる方にも楽しく、喜んでいただけるお品をショップに集めました。心のこもったプレゼントを大切な方へ…、またはご自分へのご褒美に…“ぬ くもりのおくりもの”をお探しにお出かけください。
クリスマスやお正月のお部屋をすてきに飾る、小さな木版画もご用意しました。この季節ならではのギャラリーショップをどうぞお楽しみください。

■参加作家多数

【年末年始のお知らせ】
12月27日(土)〜1月2日(金)までお休みいたします。

 
 

三人展《オレンジ》 上條喜美子・小山利枝子・山岸恵子
会期/2008年12月4日(木)〜12月 9日(火)

10:00a.m.〜7:00p.m.
(日曜日は6:00p.m. 最終日は5:00p.m.終了)

2年に1度集結する三人展も4度目となりました。
今回のテーマは“オレンジ”です。三人の実りの成果をどうぞ見て味わってください。

 
 企画展

纏う服・包まれる衣展 Vol.2
会期/2008年11月15日(土)〜11 月28日(金)

10:00a.m.〜6:00p.m.(日曜日および最終日は午 後5時終了)
※水曜定休日11/19・26

原口良子、真砂三千代、真木千秋による、秋・冬のコレクションを ご覧いただきます。
自然からの生命を紡ぎだす手仕事―大地のエネルギーに満ちた布を纏い、包まれる豊かさを楽しんでいただきたいと思います。

■出展作家
Sind 原口良子
(染色家・衣作家/東京都西荻窪)
Afa 真砂三千代
(衣作家/神奈川県葉山町)
真木テキスタイルスタジオ
(テキスタイル・クリエイター/東京都あきる野市)

 
 

紬を継ぐ・紬に挑む「小山憲市紬織展」
会期/2008年11月6日(木)〜11月 12日(水)

10:00a.m.〜7:00p.m.(最終日は午後5時終了)

主催/ISHIKAWA地域文化企画室 (Tel:026- 269-6161)
会場/ガレリア表参道

糸使いの面白さや、響きあう深い色の組み合わせから生まれる小山 憲市の紬には、伝統の上田紬に
瑞々しい感性が吹き込まれています。
今回は、無地や付け下げ、知的でモダンな縞、格子の着物に加え、「全日本新人染織展」(1992年)で
大賞・文部大臣賞を受賞した作品をはじめ約8点の受賞作品を一堂に展示し、小山憲市の仕事の
これまでとこれからをご覧いただきます。

■晩秋のきものの夕べ
11月6日(木)18:00〜
晩秋の宵に作家を囲んで、ワインなどをいただきながら、きもの談義を楽しみたいと思います。
お気軽にご参加ください。

 
 

小山仁郎 矢野明日香 鏡花水月染色展
会期/2008年10月30日(木)〜11 月4日(火)

「春のひびき」  小山仁郎
「夜桜」 矢野明日香

10:00a.m.〜6:00p.m.(最終日は午後5時終了)
※水曜定休日(10/22)

ごあいさつ

染色の道を歩んで
染める事を一生涯の仕事として50余年の歳月が流れ、お蔭様で喜寿を迎えることが出来ました。
(小山仁郎)

趣味の延長から始めて、30余年の月日がたちまして、この度、還 暦を迎えることが出来ました。
(矢野明日香)

私 共それぞれ、地元の北信美術会からスタートして今日に至っており「伝統の継承と現代への挑戦」と考え方や表現方法の異なる二人ですが、大勢の方々に支えら れまして今日まで歩んで来ることが出来ました。歳を重ねても未だ「鏡花水月」分かった様で何も分かっていない二人ですが、ひたすら染色を通じて生きる重み を感じ、記念の節目を迎えられた事に感謝し、近作を中心に競演する運びとなりました。
ご高覧を賜りたく、ご案内申し上げます。
平成20年10月吉日
小山仁郎  矢野明日香

 

◇小山仁郎  画暦
1964年  全国染色コンクール  通産大臣賞
1966年  長野県第1回信州友禅染美展  長野県知事賞
1978年  第17回東京染芸展  東京都知事賞
1978年  第1回(社)に品染織作家展  文部大臣賞
1983年  第54回第一美術展  会員優秀賞
1983年  第3回長野県工芸展  長野県工芸会賞
1987年  第10回記念信州友禅染美展  染美展記念賞
2005年  草木染友禅50年草木染障壁画展  東京・上野の森美術館
2006年  長野県工芸展  長野県知事賞
現在  第一美術協会正会員、審査委員、信州美術会会員、北信美術会会員、
長野県染織作家協会名誉会長、長野県工芸会会員
アトリエ   長野市上野
東京都新宿区中落合

◇矢野明日香  画暦
1976年  光風会展  初入選
1979年  日展  初入選  以降4回(13年出品)
1979年  日本新工芸展  初入選  以降3回(3年出品)
1979年  北信展  第30回記念展  記念賞
1983年  県展  県知事賞
1984年  光風会第70回記念展  光風奨励賞
1987年  県展 第40回記念展  記念賞
1989年  光風会第75回記念展  光風会友賞
現在  光風会会員、信州美術会会員、北信美術会会員
住所  長野市小島

 
 

ヨーロピアン装飾美術展
会期/2008年10月17日(金)〜10 月21日(火)


10:00a.m.〜7:00p.m.(最終日は午後5時終了)

主催/FINE ARTS KOMATSU CO.,LTD.
EUROPEAN ANTIQUE COLLECTION
Tel:(03)3263-9490
〒102-0083 東京都千代田区麹町1丁目3番地5号(ミクニビル)

多 くの天才たちが華やかな饗宴をくりひろげた、19世紀末から20世紀初頭のヨーロッパ、アールヌーヴォー、デコの巨匠、ガレ、ドーム、ルソーのガラスの名 品や三百年の歴史を誇る古マイセン窯人形、陶板、絵皿、絵画、彫刻、ロココ美術工芸の粋を集めたヨーロッパアンティークを幅広くコレクションいたしまし た。
皆様にはぜひ、この機会にご来場の上ご高覧下さいますようご案内申し上げます。

 
 企画展

信州の木の椅子展
会期/2008年10月16日(木)〜10 月28日(火)

10:00a.m.〜6:00p.m.(最終日は午後5時まで)
※水曜定休日(10/22)

長野県信濃美術館で開催中の「美しい木の椅子展」の出品作家な ど、信州で木の仕事に携わる作家たちの椅子を集めました。触って、座っていただいて木の温かさ、フォルムの美しさ、肝心の座り心地を確かめていただければ と思います。

■出展作家(13名)
出光 晋(御代田町)
奥村 昭雄(東京都)
金澤 知之(安曇野市)
小林 裕爾(中条村)
城取 秀文(箕輪町)
谷 進一郎(小諸市)
デニス・ヤング(安曇野市)
古川 喜啓(小布施町)
峯村 孝久(松本市)
村上 富朗(御代田町)
吉田 亞人(木曽町)
渡辺 久男(大町市)

松村 勝男(1923−1991)
(50音順)

 
 

唐木さち+秋草と<器>の出会い展
会期/2008年10月1(水)〜10月 13(祝)

10:00a.m.〜7:00p.m.(最終日は午後5時終了)
※日曜日は6時までとさせていただきます。

主催/ISHIKAWA地域文化企画室 (Tel:026- 269-6161)
会場/ガレリア表参道

■唐木さちによる秋草の花いけは、10月3日(金)・4日 (土)・5日(日)

■出展作家
奈良 千秋(白磁/上田市)
森岡 光男(焼締め/池田町)
谷 進一郎(木工/小諸市)
木曽アルテック(漆/塩尻市)
佐藤 今朝喜(鐵/上田市)
山麓アトリエ(鐵/原村)

■花/唐木 さち(伊那市)
川瀬敏郎氏に師事。自宅の庭に100種にのぼる山野草を育て、独自な生け花の世界を展開。
季節感のある暮らしのしつらえや装いを含めた、日本の暮らし方を提案している。
池袋コミュニティカレッジ講師他で活躍中。

●秋草の宴 10月3日(金)18:00〜
秋の草花と器を楽しみ、唐木先生、出品作家を囲んで、信州の酒と肴を楽しみたいと思います。
お気軽にご参加ください。


 
 

銘園 千茶荘 お茶と暮らしのうつわ展
会期/2008年9月26日(金)〜9月 28日(日)

10:00a.m.〜6:00p.m.(最終日は午後4時まで)
主催/広島千茶荘 (Tel: 0120-035357)

日々、楽しむ。
銘園 千茶荘のお茶と、洋服を着替えるように、その日の気分で色々楽しみたい普段使いの器をあわせてご覧いただき
ます。

※当日ご来場の方に限り、お茶を二割引とさせていただき
ます。

お問い合わせ/広島千茶荘 (Tel: 0120-035357)
本社/廿日市市宮内工業団地2−8
Tel: 0829‐20‐2211(代表)

 
 企画展

長野のアートに出会う N-ART展
会期/2008年9月1日(月)〜9月21 日(日)【入場無料】

10:00a.m. - 6:00p.m.
(日曜日および最終日は5時終了)
水曜定休日9/10, 17 ※9/3(水)は休まず営業いたします
共催/長野SNSプロジェクト・ナノグラフィカ

今年の3月に発行された「長野SNSプロジェクト2008年レ ポート N-ART #アート」は、長野在住のアーティストの存在を、新たな視線で浮き彫りにしました。
今回登場した様々な表現ジャンルの14名のアーティストたちの作品を、一堂にご覧いただく機会はこれから後も中々ないと思います。ぜひお出かけください。

・ギャラリー・トーク    9/5(金) 6:00〜
・オープニングパーティ  9/5(金) 7:00〜
お誘い合わせて、 お気軽にご参加ください。

※長野SNSプロジェクトは、長野をテーマにしたSNS「N〔エヌ〕」を運営しています。長野県 に愛着、
関心を持つ方々が集まり、情報交換や交流を行う会員制のサイトです。
http://www.n-sns.jp/

■出展作家 15名
・岡沢じゅん(絵画/長野市)
・柿崎順一(フラワーアート/千曲市)
・香山洋一(絵画/長野市)
・木村仁(立体造形/長野市)
・小山利枝子(絵画/長野市)
・霜田誠二(アートパフォーマンス/長野市)
・角居康宏(立体造形/上田市)
・たかはしびわ(絵画/佐久市)
・田嶋健(版画/佐久市)
・中村仁(版画・立体造形/長野市)
・中村眞美子(版画/長野市)
・中山徳幸(絵画/長野市)
・馬場剛史(絵画/中野市)
・丸田恭子(絵画/長野市)
・森貘郎(板画/千曲市)

 
 企画展

第3回 暮らしのかたち+くらしの器展
会期/2008年7月19日(土)〜8月 18日(月)

※水曜定休日 7/23, 30,  8/6, 13

暑中お見舞い申し上げます。
一点の器を選ぶことで、日々の暮らしのかたちは変わっていきます。 あなたのかたちを探しにお出かけください。

第3回目となる今回は、全国から16名の作家が出展します。
陶・ガラス・金属・染織・絵画・版画・キリムなど、様々なジャンルの作家による暮らしを 楽しく彩る手づくりの作品を集めました。普段使いに、贈りものに、素敵な一点をお選びいた だけます。
■出展作家(16名)

市川洋子 (染色/上田市)
越中真知子 (ガラス/東京都)
小野道佳 (陶/佐久市)
黒田儀男 (陶/岡山県)
サブロウ (ガラス/富山市)
山麓アトリエ (金属/八ヶ岳)
http://www.ops.dti.ne.jp/~sanroku/
重田良古 (陶/東京都)
島 るり子 (陶/伊那市)
清水富美 (染付/軽井沢町)
http://sometuke.exblog.jp/
角居康宏 (錫/上田市)
http://genpu.hp.infoseek.co.jp/
高木ゆう子 (染織/長野市)
寺西将樹 (ガラス/東御市)
http://www.avis.ne.jp/~daidai/
中村 仁 (陶・絵画・版画/御代田町)
http://www.jin-n.jp/
藤野貴則 (陶/佐久市)
森 章子 (陶/上田市)
http://genpu.hp.infoseek.co.jp/
オスマン・ダール (キリム/大阪府)
http://www.sufirugs.com/

 

 
 

山岸恵子展 −よい子の物語−
会期/2008年7月10日(木)〜7月 15日(火)

●山岸恵子 油彩画家 /長野市在住  国画会会員 国展新人 賞、国展国画賞 受賞

当ギャラリーにて2006年に開催の展覧会、「上條喜美子・小山利枝子・山岸恵子 三人展 〜three shades of green〜」は、大変ご好評をいただきました。
今回は個展ということで、大作から小品まで「山岸恵子の世界」をご堪能いただきます。
どうぞご高覧ください。

 
 企画展

真砂三千代×ウスタニ・ミホ 夏の衣展
会期/2008年6月28日(土)〜7月7 日(月)

葉山にアトリエを持つ作家、真砂三千代さんとウスタニミホさんの ふたりが夏をテーマに 作品を創りました。
真砂三千代さんによる、夏を心地よくお過ごしいただけるとご好評の麻の衣と、ウスタニミホさんの、藍・墨・柿渋の手描きで染められたストールなどをご覧い ただきます。

●出展作品
ジャケット・ブラウス・スカート・Tシャツ・バッグ・ストール・座布団 他

初夏の素材はさらさらと肌をやさしく包んでくれる。
素材の個性を損なわないよう心も体もゆっくりと、
豊かな自然と共に在ることを感じさせる。
そんな衣を創りました。
(Afa 真砂三千代)

■真砂三千代(まさご・みちよ) 衣作家
/神奈川県三浦郡葉山町在住
1947年 東京生まれ。
71年 田中千代服装学園デザイン科卒。アパレルメーカーを経て、
86年に「アファ」(Afa)ブランド設立。心を包む「こころも」の衣を制作。
2000年 「ライフ・アファ」(Life Afa)設立。
2004年に作品集『風着(かざぎ)』(文化出版局)出版。

■ウスタニ・ミホ 染色作家
/神奈川県三浦郡葉山町在住
1959年生まれ。
1980〜83年 新井淳一氏に師事
1984年 独立 創作活動始める
1989年 国際絞りコンペティショングランプリ受賞
1990年 日本民藝館展奨励賞
1995年 ドイツ・ケルンにて個展
      NHK おしゃれ工房 出演
他 各地にて個展・グループ展 多数

 

Sind×BIN house 2008 初夏の衣展−アジアの布・更紗を着る−
会期/2008年5月22日(木)〜6月3 日(火)

10:00a.m.〜7:00p.m. 最終日午後5時終了
5/28(水)定休日

Sindのインドなどで制作されたオリジナルの布から生まれた『心をとき放つ衣』と、BIN houseの洗練された最高級のジャワ更紗のストールなどをご覧いただきます。

 

■原口良子(はらぐち・りょうこ)
染色家・衣作家  1956年福岡県生まれ。東京、西荻窪在住。テキスタイル専門学校卒業後、アパレルメーカーで ファブリック・デザインを担当。92年、オリジナルブランド「Sind」(シンド)を設立。インド の布に柿渋染めを施した衣などを制作し、「ギャラリーショップSind」を中心に作品を発表。

■Josephine w.Komara(ジョセフィーヌ・コマラ)
テキスタイル・クリエイター  1955年インドネシア、ジャカルタ生まれ。ジャカルタ在住。70年代よりアジアの伝統的染め織 (BIN house)を設立。ジャワ島、バリ島の工房で布のデザイン、総合プロデュース。

色は不思議
目に写る色と、隠れて見えない色
最近の私の興味は、経(たて)糸と緯(よこ)糸を別色に織り
その上に第3の色をグラデーションで染め
出来上がった色に一喜一憂することです
まるでマジックのように現れてくる色たち
今年の春夏は心をとき放つ色たちがテーマです

Sind 原口良子
人生の岐路に立っていた時、
癒してくれたのが、一枚のアンティークの布
その繊細さを表現したい一心で布創りをスタート
手作業の布の後ろにはこころがあります
私が求めているのは、美しい生き方、スタイルではありません

BIN house ジョセフィーヌ・コマラ
 

ちりめんや 亜細亜の布展 - 同時開催 - きもの凛展
会期/2008年5月1日(木)〜5月6日 (火)

10:00a.m.〜7:00p.m. 最終日午後5時終了

主催:ちりめんや権堂店

第1会場:ガレリア表参道
第2会場:ちりめんや権堂店

人の手技でつくられた布には、人を癒すやさしさがあります。

広大な亜細亜に息づく温もりある布たち。インド更紗、バティック、イカット…
作り手の情熱がほとばしる感性あふれる作品の数々をご覧ください。

 

土屋 豊 鍛金作品展
会期/2008年4月24日(木)〜4月 29日(火)

10:00a.m.〜7:00p.m. 最終日午後5時終了

鉄、銅、ステンレスを叩き出して素材に遊び心を加え、意外なほど のやわらかさ、
温もりが感じられ、心安らぐ作品、インテリアをモダンに演出してくれる作品−花器、
テーブルライト、燭台、傘立てなど約60点をご覧いただきます。

■略歴  
1948年 東御市生まれ
1972年 東京芸大彫刻科卒業 工房巧 開設
各地での個展と、門扉、看板などオーダー制作の活動
<東御工房> 東御市滋野乙3900 Tel/Fax 0268-63-6714
<伊那工房> 伊那市長谷アートヴィレッジ信州783 Tel/Fax 0265-98-3021

 

京指物師 三代・祥桑軒 川本光春展
会期/2008年4月17日(木)〜4月 22日(火)

10:00a.m.〜7:00p.m. 最終日午後5時終了

主 催:表参道ギャラリー 玄
川本光春 略歴
 1964年 二代・祥桑軒 川本光春の長男として生まれる。
 1992年 京都府工芸技術コンクール佳賞受賞
風呂先、棚、香合などの茶道具、約80点をご覧いただきます。

 

座・アッ シュ・アール
モスリンを染める 齋藤洋+八幡はるみ 二人展
会期/2008年4月11日(金)〜4月 22日(火)

モ スリン(毛斯綸)は、極細のウールの単糸で織られた、独特な艶のある平織りで、薄手で柔らかく、しかも暖かいことが特徴の織物です。普段着の着物や、冬の 襦袢などとして広く使われていましたが、今日では目にする機会が少なくなっています。この絹にも負けない鮮やかな発色が魅力のモスリンに注目した、京都在 住の二人の作家の華やかで楽しい染色の世界をお楽しみください。

●ストール・コート・シャツ・着物コート 他

【同時開催】  ガレリア表参道
モスリン・プリントワーク 齋藤洋+八幡は るみ
装飾性に託された生命感あふれる染のかたちをご覧いただきます。

齋藤洋(京都在住)
刷毛染めで大胆さと繊細さを表現する齋藤洋の布には、重なり合う色から生まれる奥行きのある美しさがある。アジアの手織りの木綿布などのにも、解放的で伸 びやかな素描を行っている。また、美しい布・モスリンの灯火を消さないように、その染めや発色のよさ、モスリンの着物の魅力を紹介しながら、「モスリンの 復活」に努めている。齋藤洋はライフワークとして、子供から大人まで参加し、共同作業として刷毛で思い思いに長い布を染める『野染の会』を国内外で開催し ている。

八幡はるみ(京都在住)
シェイプド・ダイ(絞り染の一種)で偶然にできた色彩の上に、シルク刷りやコラージュなどでさまざまな意匠を重ねて描くという手法や、友禅染、型染などの 様々な染色技法を駆使して制作した一枚の原画をもとに、「ディジタルインクジェットプリント」という現代の先端技術による染色技法を使い、新しくて楽しい 多様な染色の世界を創出している。
現在、京都造形大学教授。日本テキスタイルデザイン協会会員。国内外での個展や企業との協同事業など幅広い分野で活躍している。

 

NAGANO 七つのピアソラ
ジャン・サスポータス+オリヴィエ・マヌーリ+齋藤徹
会期/2008年4月9日(水)

七つのピアソラ/千恵の輪トリオ日本ツアー2008

乾千恵の画文集「七つのピアソラ」から「千恵」の輪が世界に広が っていく。
親友齋藤徹から、ダンスのジャン・サスポータスへ 、そして今回パリのバンドネオン
奏者オリヴィエ・マヌーリへと繋がった。
生まれてからずっと故郷を探している迷子のTANGO 。3人の異邦人と、同じ印を持つゲ
スト達が帰るべき故郷を幻視する。
ピアソラが自らのルーツへ立ち戻った1950年代パリでの作品を 21世紀の日本で弾き、
舞う。弾ききり、舞いきり、歌いきり、
描ききる現場に是非お越し下さい。

開場 18:30 開演19:00
料金・前売・予約 3000円/当日 3500円(one drink付)

問い合わせ:ISHIKAWA地域文化企画室 ガレリア表参道
主催:ISHIKAWA地域文化企画室  http://www.avis.ne.jp/~bunkanet/
電話:026-269-6161 メール:bunkanet@avis.ne.jp
共催:カントリープレス

 

前後 〜アラビアの数字なんておじさん知らないよ〜
佐藤央育 星野健二 山口功
会期/2008年4月8日(火)〜4月13 日(日) ※4/9(水)は営業いたします。


10:00a.m.〜7:00p.m. 最終日午後5時終了

東京藝術大学学部を卒業の星野健二さんと、同大学大学院在籍の山口功さん、佐藤央育さんで
結成された「前後会」の展覧会。
この度、長野を皮切りに、愛知、東京の異なる3会場にて作品を発表します。 どうぞご高覧ください。

佐藤 央育 SATO Eisuke
1982年 千葉県生まれ
2007年 個展gallery OPEN DOOR/銀座
2008年 東京藝術大学大学院修了

星野 健二 HOSHINO Kenji
1982年 愛知県生まれ
2006年 東京藝術大学卒業
2007年 熊谷守一大賞展 優秀賞受賞

山口 功  YAMAGUCHI Isao
1982年 東京都生まれ
2007年 QCA/オーストラリア・ブリスベン
2008年 東京藝術大学大学院修了

 


 
 企画展

Afa 真砂三千代 2008春夏collection Move
会期/2008年3月20日(木)〜4月1 日(火)

10:00a.m.〜7:00p.m. 最終日午後5時終了
※水曜定休日3/26(水)

新しい風が吹き始め、何かが少しかわってゆく。
麻の衣の感触はすっきりした気分を引き出し
豊かな自然と共に在ることを感じさせる。
                 真砂三千代

秦泉寺由子、真木千秋らの布、ラオスの絣、バリのバティックなどの布による、身と心を解き放ち、 やさしく包み込む、新感覚の衣を提案する、葉山在住の真砂三千代さんによる春・夏コレクションをご覧いただきます。

■真砂三千代(まさご・みちよ)
衣作家/神奈川県三浦郡葉山町 在住
1947年東京生まれ。71年田中千代服装学園デザイン科卒。アパレルメーカーを経て、
86年に「アファ」(Afa)ブランド設立。心を包む「こころも」の衣を制作。
2000年「ライフ・アファ」(Life Afa)設立。
2004年に作品集『風着(かざぎ)』(文化出版局)出版。

 

ちりめんや 創業90周年記念展
会期/2008年3月13日(木)〜3月 18日(火)


10:00a.m.〜7:00p.m. 最終日午後5時終了

長野市権堂町の呉服店「ちりめんや」創業90周年記念の展覧会。

 

第23回 構成展
会期/2008年3月6日(木)〜3月11 日(火)


10:00a.m.〜7:00p.m. 最終日午後3時終了

主催:信州大学教育学部 芸術教育専攻 美術教育分野 構成研究室
  
信州大学教育学部 芸術教育専攻 美術教育分野 デザイン・構成研究室所属の学生の皆さんの年に一度の展覧会です。 各々が色や形や材質を追求し、自分の想いをポスター、色彩構成、立体構成、CG、イラストなどで表現しています。
今年も個性あふれる作品が揃いました。ぜひお越しください。

 

日本画〜洋画 絵画展
会期/2008年2月28日(木)〜3月4 日(火)

10:00a.m.〜7:00p.m. 最終日午後5時終了

主催:表参道ギャラリー 玄

日本画・洋画約50点を展示・販売いたします。

 
 企画展

第2回「長野灯明まつり」記念
〜AKA・AKA・YA〜如月・灯りのあそび展
会期/2008年2月2日(土)〜2月19 日(火)

10:00a.m.〜7:00p.m. (日曜日および最終日5時終了) <2/6 (水)、13(水)>

今年も世界の平和を祈って善光寺本堂などをライトアップする『長野灯明まつり』が開催されます。 年々盛んになるこの冬のイベントに合わせて、いろいろなジャンルの作家による楽しい灯りをご紹介いたします。
寒い季節に心まで温まる、すてきなひかりの空間をお楽しみいただけます。

【出品作家】
・江口良一(鉄・北山杉/東京都)
・江口真代(みのり)(鉄/東京都)
・大森芳紀(麻紙・和紙/栃木県)
・ガラス工房 橙(ガラス/東御市)
・星野英子(ステンドグラス/安曇野市)
・川村忠晴(植物/東京都)

会期中、昨年も大好評だった【夜ばなしの茶会】を開催いたします。ガラス・木・鉄・麻紙・和紙・ 植物など、さまざまな灯りに囲まれて、冬の夜を小さな お茶会で楽しみたいと思います。
●日時/2月16日(土)午後6時から【無料】です。お気軽にご参加ください。

 
 企画展

新春・雅の遊び展〜池上秀畝の屏風とキモノ
会期/2008年1月5日(土)〜1月27 日(日)

10:00a.m.〜7:00p.m. (日曜日および最終日5時終了) <定休日  1/9(水)、16(水)、23(水)>

ガレリア表参道のコレクションより、温雅で流麗な花鳥画を描いた池上秀畝の新春を彩る大屏風に、 丹精に染め織られた着物や帯などをご覧いただきます。
坪庭を臨む立礼のお茶席にてお抹茶をご用意いたしております。
初詣のついでにお気軽にお立ち寄りください。

■出展作家
小岩井紬工房 (紬織/上田市)
市川洋子 (着物・帯など/上田市)

 
 
 
Copyright (C) Galleria Omotesando. All Rights Reserved.