ガレリア表参道
galleria blog
ガレリア表参道
催事のご案内貸ギャラリー常設展示作品ギャラリー概要リンク
過去の催事
開催中の催事と今後のスケジュール
2006年

 

河原亮平 油彩展 
会期/2006年12月14日(木)〜12 月19日(火)

カラフルな色彩と大胆なタッチで描かれた油彩画、約20点をご覧 いただけます。
 
 

three shades of green 〜上條喜美子・小山利枝子・山岸恵子 三人展
会期/2006年12月7日(木)〜12月 12日(火)

それぞれのフィールドで活躍する三人が2年に一度集結する展覧会 も3度目となりました。
今回のテーマは“グリーン”です。三人三様の“グリーン”をどうぞお楽しみください。
上條喜美子  「CHAIR」
小山利枝子 「グラジオラス」
山岸恵子 「ここから」
 
 

古川清行 刀工小品展
会期/2006年11月23 日(木)〜11月28日(火)

刀工・古川清行(人間国宝の宮入行平に師事)による作品の小品をご覧 いただけます。
刀剣から刃物、鉈、文鎮等、鍛冶屋の仕事をいろいろ網羅しました。

 
 企画展

灯りとキリム展 〜心地よい暮らしの一点を選ぶ〜
会期/2006年10月26 日(木)〜11月19日(日) 日曜日は午後5時まで

「信州の夏・暮らしのクラフト展」に続く第2弾。
秋から冬へと季節が移ろう中で、家の中に心地よく安らげる空間がほしくなります。
灯りと織物の演出はいかがでしょうか。秋・冬の暮らしをあたたかく、楽しくコーディネイトいただけるインテリア・テーブルウェア、ファッション・アイテム をお選びいただけます。

ぜひ、あなたの一点を探してください。

■出品作家
土屋 豊 (金工/東御市・伊那市)
寺西将樹 (ガラス/東御市)
山麓アトリエ (金工/八ヶ岳)
オスマン・ダール (キリム/大阪)
花岡真知子 (染色/岡谷市)
依田美穂子 (古布・小物/小諸市) 他
 
 企画展

小山仁郎・草木染障壁画50年展 〜大自然の生命を染めて半世紀〜
会期/2006年10月4日 (水)〜10月13日(金)

草木染障壁画「大地の詩No.2」
草木染障壁画 「大地の詩No.2」

北野カルチュラルセンターと2会場で開催。手描友禅師として50年目 の節目としての展覧会です。

●第1会場/北野カルチュラルセンター
●第2会場/ガレリア表参道

主催/小山仁郎草木染障壁画50年展実行委員会、長野県染織作家協会
後援/長野県教育委員会、長野市教育委員会、(財)八十二文化財団、他マスコミ各社

二曲屏風「樹氷」
二曲屏風 「樹氷」
 
 

ギャラリー玄 オープン展
会期/2006年9月26日 (木)〜10月2日(月)

小山敬三 「長春花」

陶芸品・茶道具・絵画等を時節に合わせてご紹介する「表参道ギャラ リー玄」が善光寺表参道に開店。
オープン記念展では日本画、洋画、版画、陶器、茶道具全般、約250点をご覧いただけます。

●第1会場/ガレリア表参道
●第2会場/ギャラリー玄

※「ガレリア表参道」では、お茶席(立礼)にてお抹茶(京菓子付)をお召し上がりいただけます。

 
 企画展

「村歌舞伎一代」制作記念 大鹿歌舞伎写真展
会期/2006年9月14日 (木)〜9月25日(月)

「六千両後日之文章 重忠館の段」

「村歌舞伎一代(仮題)」映画制作記念
演じ続けて200年余 ─ 大鹿歌舞伎写真展

おひねりが飛び、客席が沸く・・・、
伊那谷の地芝居の醍醐味を活写。

中央・南アルプス山麓の山村大鹿村に、江戸の昔から芝居を愛する代々の村人によって、歌舞伎が伝えられてきました。村歌舞伎は村の暮らしの核となり、ここ ろのよりどころとなり、村の文化を支え続けています。
長野県大鹿村、長谷村などを舞台に、後藤俊夫監督による地芝居(農村歌舞伎)の世界を描く映画制作を記念して、池田精孝撮影の大鹿歌舞伎の写真を展示。第 一会場では、青野恭典撮影の大鹿村の美しい自然を写した作品も合わせてご覧いただけます。

長野市ではSBCビルとToigoのグランドオープンの時期でもありますので、大鹿村の片桐登太夫などによる浄瑠璃の公演などもToigo広場のイベント などのに組み入れる予定です。
映画撮影は、11月主演の片岡孝太郎が現地に入りいよいよ佳境に。10月にはキャストの全貌やタイトルなどの発表を予定しています。この映画は伝統芸能の 宝庫である伊那谷を舞台に、上伊那の市町村が一体となって支援、制作が進められています。

●第一会場/かんてんぱぱショップ
ぱてぃお大門店 2Fギャラリー
(撮影/青野恭典・池田精孝)
会期/2006年9月14日(木)〜10月31日(火)
AM10:00〜PM7:00
定休日:水曜日

第二会場 /ガレリア表参道
(撮影/池田精孝)
会期/2006年9月14日(木)〜25日(月)
AM10:00〜PM7:00(日曜日・最終日は5時終了)
定休日:9月20日(水)

池田精孝(いけだ・きよたか)
大正13年、下伊那郡高森町生まれ。昭和22年から3年間大鹿村診療所に勤務。昭和41年に池田内科医院を開設。昭和57年から地芝居・大鹿歌舞伎を撮り 続けている。定期公演だけでなく、県外の公演にも同行し、大鹿歌舞伎の軌跡を写真集にまとめている。

青野恭典(あおの・きょうすけ)
昭和12年、東京都生まれ。日本を代表する山岳写真家のひとり。現在、日本山岳写真協会理事。写真展をはじめ山岳雑誌やカメラ誌に作品を発表している。

後援/大鹿村
協賛/伊那食品工業(株)、大成産業(株)

大鹿歌 舞伎ホームページ
http://www.ooshika.com/kabuki/src/index.html

「奥州安達ケ原 袖萩祭文の段」
「御所桜堀川夜討 弁慶上使の段」
 
 
 
 
 
 
 
 
 

長野市専修学校各種学校協会
「いきいき生涯学習フェスティバル」
会期/2006年9月7日(木)〜9月12日(火)

長野市専修学校各種学校協会関係者による作品展覧会です。
 
 

香山洋一展
会期/2006年8月31日(木)〜9月5日(火)

香山洋一
installation
●香山洋一
1979年 長野県出身
1998〜2000年 奈良芸術短期大学洋画コース 入学、卒業
2000〜2004年 大阪芸術大学芸術学部美術学科 編入、卒業
2004〜2006年 長野県文化振興事業団 長野県県民文化会館舞台担当勤務

【個展】
2004年3月 「Youichi Kayama exhibition」 (大阪 ガレリア・セロ)
2005年10月 「Youichi Kayama exhibition ~Art,My life work~」(大阪 ガレリア・セロ)
【入選・受賞暦】
2003年 大阪芸術大学卒業制作展学科賞受賞
2004年 雪梁舎フィレンツェ賞展 入選
2005年 第61回「現展」入選 新人賞受賞
2006年 第62回「現展」入選 会友推挙
 
 

羽田龍史・はたじゅんこ展
会期/ 2006年8月17日(木)〜8月22日(火)

羽田龍史「木のレリーフ」
●羽田龍史
1949年 長野県生まれ。
美術教師として20年間、都内小中学校に勤務。
1992年 信州東部町に工房mymyを設立する。
1997年〜98年 イタリア・シエナに滞在。 このときの著書「イタリア中年ウロウロ滞在記」
2003年12月〜2004年2月 イタリア・ボローニャ大学に在籍。
現在、木による彫刻や器を中心に、さまざまな造形活動を展開中。
また、大人のための絵や木工、木彫教室も開いている。
日本美術家連盟会員。

●はたじゅんこ
1951年 東京都生まれ。
友禅工房、紅型工房などで染色を学ぶ。
都内小学校で図工教師として13年勤務。
1992年 夫と工房生活を始める。
1997年〜98年 イタリア・シエナに滞在。
2003年12月〜2004年2月 イタリア・ボローニャに滞在。
現在、イタリアの風景を独自の型染めの技法で染め、さまざまな作品を生みだしている。
はたじゅんこ「型染」
 
 企画展

信州の夏・暮らしのクラフト展〜陶・ガラス・ 木・染織
会期/2006年7月20日(木)〜8月14日(月)

信州の夏・暮らしのクラフト展
信州の工芸・クラフト作家による、陶・ガラス・木・染織など、暮 らしの中で楽しめる手づくり感覚のある作品を集めました。日々を大事に楽しみたい−そんな暮らしを提案します。

【陶芸】アーグネシュ・フス(千曲市)、芦田俊之(上田市)、
佐藤實(軽井沢町)、清水富美(軽井沢 町)、城田領(佐久市)、
末岡信彦(佐久市)、平林昇(松川村)、小高竜也(茅野市)

【ガラス】越中眞知子(東京都)、寺西将樹(ガラス工房 橙・東御市)、渡辺俊介(茅野市)
【木工・インテリア家具】太田健(長野市戸隠)、
谷進一郎/スタジオKUKU(小諸市)法嶋二郎(松本市)

【漆・うるし】巣山元久(塩尻市)

【染織】市川洋子(上田市)、高木ゆう子(長野市)

【版画】若林文夫(千曲市)
 
 

土屋豊 鍛金作品展
会期/2006年7月13日(木)〜7月 18日(火)

土屋豊
ステンレス、鉄、銅 ― 硬くて冷たい金属の素材に遊び心を加え、意外なほどのやわらかさ、あたたかさが秘められた作品 ― 花器、灯り、傘立て、掛け金具など約80点。

●土屋豊 略歴
1948年 長野県東部町(現在の東御市)生まれ。
1972年 東京芸術大学彫刻科 卒業
      「工房 巧」 東部町工房、ギャラリー開設
1995年 「工房 巧」 長谷村工房、ギャラリー開設
 
 

青の誘惑〜上田秀洋展
会期/2006年6月17日(金)〜6月25日(日)

上田秀洋
青の風景 1996
●上田秀洋
信州大学教育学部教授(美術教育専攻)

作品数約25点
 
 企画展

現代美術の魅力〜草間彌生・池田満寿夫展
会期/2006年5月25日(木)〜6月13日(火)

草間弥生
かぼちゃ(白)
●草間彌生
1929年 長野県松本市生まれ。
前衛彫刻家 画家 小説家

写真家荒木経惟とのフォト・コラボレーション、作家村上龍原作監督の映画トパーズに出演、ミュージシャンピーター・ガブリエル、ファッション・デザイナー 三宅一生とのコラボレーションなど、美術以外でも多彩に活躍。



●池田満寿夫
1934年 旧満洲奉天生まれ。
1945年 終戦によって母と郷里の長野市に引き揚げる。

版画家,画家,彫刻家,陶芸家,芥川賞作家,エッセイスト,映画監督 など多彩な顔を持つアーティスト。
1997年 3月8日に63歳で逝去。
池田満寿夫
邪淫の罪
 
 企画展

変容する花の軌跡〜小山利枝子の世界展
会期/2006年5月1日(木)〜5月22日(月)

小山利枝子
深界
●小山利枝子
1955年 長野県生まれ。

長野県広報紙の表紙、浅田次郎、高樹のぶ子等の単行本の表紙絵等多数。
郵政省発行の切手(リンドウ)絵はがき(かもめーる)(花便り)の原画を担当。
平成18年度人事院広報紙表紙絵を担当。
 
 
 
Copyright (C) Galleria Omotesando. All Rights Reserved.